サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 2019年4月...

2019年4月より日商簿記3級の試験範囲改訂!!

2019年4月より日商簿記3級の試験範囲改訂!!。

出題範囲改訂後第1弾の試験は、第152回(2019年6月)実施の日商簿記3級検定試験からです。

具体的な変更(日商簿記2級検定試験範囲から日商簿記3級検定試験範囲に下りてくる)内容は、

<期中処理>
① 株式会社の設立
② 株式会社の増資
③ 剰余金の配当(利益剰余金からの配当)
④ 電子記録債権、電子記録債務
⑤ クレジット売掛金
⑥ 法人税、住民税及び事業税(法人税等の計算、仮払法人税等、未払法人税等)
⑦ 消費税(税抜方式)
⑧ 当座預金、預貯金(複数の口座を解説する場合)
⑨ 差入保証金(店舗を借りたときの敷金など)
⑩ 社会保険料(会社負担額は法定福利費)
⑪ 役員貸付金
⑫ 役員借入金
⑬ 諸会費

<決算整理関係>
① 当座預金の貸方(当座借越)の決算整理
② 貯蔵品棚卸(切手、収入印紙の期末日残高を貯蔵品に振り替える)
③ 当期純利益、当期純損失の繰越利益剰余金への振り替え
  ⇒株式会社会計に移行する事により純資産(資本)の項目が激増する
④ 月次決算

<帳簿関係>
① 固定資産台帳(新たに補助簿に追加される補助簿)
② 決算整理後残高試算表

<日商簿記3級検定試験範囲から除外される項目>
① 有価証券の取得、売却
② 受取配当金
③ 当店発行の商品券
  ⇒受取商品券a/cへ変更
④ 仕入値引き、売上値引き
⑤ 減価償却の直接法
⑤ 引出金(店主の所得税の支払い、商品の自家消費など)
  ⇒株式会社会計に移行するため
⑥ 期中に発生する当座借越の仕訳(当座預金の貸方として扱う)
  ⇒日商簿記1級の様に決算で借入金a/c(短期借入金a/c)へ振替える処理が
   追加されるかもしれません。
⑦ 消耗品の決算整理(消耗品費として費用処理する方法のみを残す)
  ⇒貯蔵品a/cへ変更され、消耗品(事務用品等)以外に、新たに収入印紙や切手
   の期末残高も含まれてきます
⑧ 繰越試算表

<その他の変更内容>
① 決算修正(整理)事項による精算表や財務諸表(貸借対照表、損益計算書)作成問
  題の於ける決算処理の見越(未収〇〇、未払〇〇)、繰延(前払〇〇、前受〇〇)
  の表現が変更される(変更後の内容は、現時点では不明)。
② 現在の日商簿記3級試験は個人事業を前提にしているため、会計期間は暦年(その
  年の1月1日から12月31日)になっていますが、株式会社会計に移行する事に
  より会計年度が当年4月1日から翌年の3月31日に変更される可能性もありま
  す。

このため、2019年6月の試験対策として使用してきた過去の既出問題集は一切使用できなくなりますので、ご注意ください。
ただし、朗報としては、日商簿記2級のグレードに近づくため、日商簿記2級の資格は取得しやすくなると思います。

2019年2月(第151回)の日商簿記3級検定試験は、現状通り旧試験範囲で出題されますが、2019年6月以降の試験で日商簿記2級の資格取得を考えておられる受験生の皆様は、試験範囲改訂後の試験を受験されますので、当然日商簿記3級の新試験範囲が理解出来ていると言う前提で試験問題が出題されますので、再度新試験範囲に応じた日商簿記3級の試験内容の勉強をし直しする必要があるかもしれません。

いずれにしても、日商簿記検定試験のグレードがアップしてきますので、たとえ日商簿記3級だと言っても独学で受験するのは本当に難しくなってくると思います!!。

実際の出題まで1年ありますので、まだまだ変更される可能性はあると思います。
そのうち、日商簿記3級検定試験で工業簿記の基本的内容が(第5問辺りに)出題範囲に加わって来るかもしれませんよ!!。



 

(2018年6月2日(土) 2:28)

前の記事

次の記事

新着記事

なぜ、簿記検定試験の合格率が上がらないのか!?。それは、答案練習会の重要性を理解していないからだ!!。 いくら上手い授業のレッスンを受講しても、いくら良い教材で勉強しても、本番の検定試験の問題が解けなければ合格する事は出来ない!!。 では、なぜ合格率が上がらないのか!?。 そ...

第150回日商簿記検定試験まで、あと2日!!。絶対に弱気になるな!!。 次の検定試験に向けて頑張ろう!!、なんて、弱気になっては駄目だ!!。 ここまで費やした時間を無駄にしてはいけない!!。 絶対に、すべり癖を作ってはいけない!!。 ここで弱気になると、次の検定試験目前...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級試験対策(第5問対策編第三弾)!!。 いよいよ、来週日曜日が日商簿記3級の検定試験です。 季節は少しずつ冬に近づいて来ています。 試験会場によっては、暖房の調整が上手く行かない会場があり、受験会場の一室に大勢の受験者が集ま...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記検定試験を受験される方へ。 日商簿記検定試験合格後、進級を考えておられる皆様へ、下記の日程で各講座の受講を受付いたしますので、受講ご希望の方は、是非、体験レッスンにお申込み戴き、今後の受験スケジュール(シラバス)の確認をしたいと思いま...

第150回日商簿記検定試験まで、いよいよ10日を切ってしまいました!! この時期に来て頭を過ぎる事は、 ① 今回の試験を受験しても合格出来ないから受験するのをやめておこうかな。 ② こんな問題を解いていても出題されなかったらどうしよう。無駄じゃはないのか。 ③ もっと早く受験勉強を...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ