サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 初心者にわかりやすい日商簿記3級試験講座 スクールブログ モックアップ

モックアップ

今日はサンプル品やシステムのデモ画面などについてです!
ここ最近の実務ではシステム開発案件やアプリのデモ作成等が多々発生します。

過去は繰延資産として計上していましたが資産性の判定を考えると
必ずしも製品などに直接結びつく保証はない事が多いため現在は

「研究開発費等に係る会計基準」

が作成されています。


このデモは試作段階で終わる事もありますが

「よし!これで行こう!!」

となれば、いよいよ商品化に向けた作業が開始されます。
この段階になると やっとこさ

「ソフトウェア仮勘定」

にて資産計上する事ができます。(複雑ですね~)
これも税務にならって3年 or 5年で償却するのか
会計(IFRS)にならって製品ライフサイクルや技術上の陳腐化を加味して償却するのかは実務上では悩ましいものです。。

う~ん、とりあえず今回の請求は「研究開発費」で行こう(^^)/
と決めた今日この頃でした(笑)

 

(2018年6月1日(金) 12:01)

前の記事

次の記事

新着記事

過去問を解いていて源泉徴収の問題が目につきましたので軽く解説です♪ 源泉徴収に限らず住民税や厚生年金保険料など給与支給時に "会社が個人から預かるもの" は意外と多いものです。 これらの「預り金」関連の処理につきましては ①給与支給時の仕訳にて預り金の計上額...

みなさん 「経過勘定」 はお好きでしょうか?? 僕は実務上での処理が面倒なので嫌いです(・・。)ゞ (なぜ面倒なのかの詳細はレッスン時にお伝えしますので割愛します♪) さて経過勘定を計上する際に大事なポイントは3つあります! ①全体の時間軸を把...

6/10(日)の試験を受験された方は、いかがでしたでしょうか? ・達成感に浸っている方 ・次回に向けて投資を燃やしている方 それぞれいらっしゃるかと思いますが、まずはお疲れ様でした!! さて、本日は第3問に良く出題される「試算表」についてです。 第3問は第5問と並んで...

皆さんはテキストとして何を選択してらっしゃいますでしょうか?? これは好みがありますので一概に 「これだ~~~!!」 というのはございません僕が個人的に好きなのは TACの 「スッキリわかる 日商簿記3級 第9版 [テキスト&問題集] (スッキリわかるシリーズ...

おはようございます。 本日は仕訳の基本につきまして。 仕訳の基本は 「カテゴライズとポジショニングです!」 ①まずは問題を読んで 「登場人物(科目)」を書き出します。 ②次は 「カテゴライズ」です。 貸借対照表(B/S) 資産・負債・純資産 損益計算書(...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ