サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 第149回日商...

第149回日商簿記3級検定試験まで2週間になりました!!。

第149回日商簿記3級検定試験(平成30年6月10日(日)実施)まで2週間になりました!!。

もう、最後の追い込みをかけていますか。
準備は万端ですか!!。

さて、試験までに押さえておかなければないポイントを整理しましょう。
合格点は70点以上。
合否を左右するのは、第1問の仕訳、第3問、第5問の各30点配点の計算問題。

第1問の仕訳は、過去の既出問題をしっかりと解いておきましょう。
基本的に前回(第148回)出題された問題が続けて出題される事はありませんが、前回分の出題を含めて、過去10回分の仕訳問題は必ず見直しておきましょう!!。

第2問では、第143回、第146回に出題された『補助簿の選択』の問題も必ず目を通しておく様にしましょう。

第3問は、合計残高試算表の出題される可能性が大きいと思われますので、過去10回分の問題は必ず解いておきましょう。
出題されるパターンが3種類ほどありますので、どのパターンが出題されても対応出来る様に力を付けておきましょう。

第4問は、穴埋め問題が出題せれる可能性がありますので、第141回、第145回の問題を見ておいて下さい。

第5問は、決算修正(整理)事項を仕訳して精算表を作成する問題が出題される可能性が非常に大きいため、必ず見直しをしておきましょう。
前回(148回)出題された決算修正(整理)事項から貸借対照表、及び損益計算書を作成する問題は1回飛びに出題されているため、今回は出題される可能性は低いため精算表に絞り込んで試験対策をした方が良いと思いますが、1回は問題を解く様にして下さい。

では、あと残り2週間、合格目指して頑張って下さい!!。

 

(2018年5月28日(月) 0:30)

前の記事

次の記事

新着記事

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記3級検定試験合格、及び 第151回(平成31年 2月24日(日)実施)日商簿記2級検定試験合格を目指して、今から勉強を始めてみませんか!?。 今から8か月の期間をかけて受験勉強を始めれば、来年の2月の試験では日商簿記2級の取得まで短...

第149回(平成30年6月10日実施)日商簿記検定試験に向けて行った、今回の講座は、 ① 日商簿記3級講座 流通科学大学1回生(新入学生対象コース)23名(週3日) ② 日商簿記2級講座 企業研修3名(証券会社2名、地方銀行1名) ③ 日商簿記1級講座 サイタ受講生1名、企業研修1名...

第149回(平成30年6月10日(日))日商簿記3級検定試験まで、あと1週間になりました。 はじめて日商簿記検定試験を受験される方が大半だと思いますので、ここでは試験前日と当日の過ごし方等をお伝え致します。 先ず、試験前日の過ごし方としては、日商簿記3級検定試験は午前9時00分から...

2019年4月より日商簿記3級の試験範囲改訂!!。 出題範囲改訂後第1弾の試験は、第152回(2019年6月)実施の日商簿記3級検定試験からです。 具体的な変更(日商簿記2級検定試験範囲から日商簿記3級検定試験範囲に下りてくる)内容は、 <期中処理> ① 株式会社の設立 ...

 今週月曜日(5月27日)から、第149回(平成30年6月10日(日)実施)日商簿記3級検定試験対策ゼミをスタートさせましたが、現在過去の既出問題(過去10年分)の仕訳問題、試算表、精算表の問題を解かしていますが、問題の出題形式が点で出題されていたのが、現在は線で結ぶ(考える)仕訳(時間的空間...

ブログ記事 ページ先頭へ