全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ 皆さん、聞いて...

皆さん、聞いて下さい!!。私の元部下が・・・。PartⅡ

皆さん、聞いて下さ!!。私の元部下が教育する事により凄い事をやったのです!!。

新卒入手で入ってきた彼女が、1年の監査教育も行い『経理は、ただ伝票を入力するだけではなく、入力の元になる伝票や領収書の見抜き方が大事なんだ!!』と強く教育をしてきました。

その甲斐あってか、小口現金の精算で提出された領収書を見て、カーボンで『1』の数字を『4』に書き換えた立て替え経費の過大請求の不正を見抜いたのです。

部下:『この領収書おかしいですよね』
 私:『なにが』
部下:『カーボンで書かれている領収書の数字の色が薄いところと濃いところがある』
   と言ってきたのです

そうです。
カーボンを使用して数字を細工したのでしょう。
精算してきた社員を問い詰めると、やはり数字を改ざんしていました。

入社1年しか経っていないのに、1年間、毎日経理の仕事をしていると領収書の不正まで見抜く眼力が付くんですね。

受験勉強も繰り返し、繰り返し勉強して行けば必然的に学習能力が向上するんだなと言う事が分りました。

皆さんも実務でこの様な監査能力が付く様に(昔『マルサの女』と言う映画がありましたが)、経理の資格を身に付けて、面白い仕事をしてみませんか!!。

 

(2017年12月11日(月) 22:33)

前の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴15年の先生に相談できるから不安も解消。計画的な授業で合格まで!

めざせ日商簿記3級合格講座
森昌彦 (日商簿記3級試験)

梅田/大阪・天王寺・京橋・難波・大阪上本町・天満橋・淀屋橋・心斎橋・堺筋本町・今福鶴...

ブログ記事 ページ先頭へ