全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 めざせ日商簿記3級合格講座 スクールブログ あなたも簿記の...

あなたも簿記の資格を取得してみませんか!?。その前に・・・。

あなたも簿記の資格を取得してみませんか!?。その前に・・・。

あなたは福沢諭吉先生をご存知でしょうか!?。
では、なぜ1万円札の肖像が福沢諭吉先生なんでしょうか!?。

それは、
日本に初期の複式簿記と中央銀行システムを輸入したのは福沢諭吉先生で、「debit(デビット/借方)」「credit(クレジット)/貸方」をそれぞれ「借方」「貸方」と翻訳したのは福沢諭吉先生である。

『帳合之法』33頁に「書付を上下二段に分ち、上の段には山城屋より我方へ対して同人の借の高を記し、下の段には我方より山城屋へ対して我方の借を記したるが故に」とある。

初期の財務諸表や複式簿記は債権・債務を記載する目的が主であり、主に銀行の経理で使用されていた。それを相手方から見た視点で記録していたため、借方には相手方が借りた分を記載しているという意味があった。

時代が下り、簿記技術が発展し記録する内容が金銭の貸借関係から拡大していくにつれ、単なる「左側」という意味のみの符号と化した。
また、貸方は単なる「右側」という意味のみの符号と化した。

これが日本の複式簿記(経理)の始まりである。

さて、
簿記の3級、及び2級は独学で合格されている方も大勢いらっしゃいますが、もし受験されるあなたが最終の日商簿記1級の資格取得をめざされるのであれば、きちっと3級の学習から通学、あるいは当スクールで受講された方が確実に日商簿記1級まで取得できるはずです。

次の検定試験日は、平成30年2月25日(日)ですが、年末年始が忙しいと言う方は、平成30年6月の日商簿記検定試験で2級の資格取得をめざすことも可能です。
???と思われる方は、一度無料セミナーにお越しになりませんか。
平成30年6月までのオリジナル・プログラムを打合せをしながら作成致します。

あなたの未来を応援する『めざせ!!日商簿記検定3級講座』、及び『めざせ!!日商簿記検定2級講座』です。

設定されている時間帯にお越しになれない時は、一度ご連絡をして下さいませ。





 

(2017年11月7日(火) 1:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴15年の先生に相談できるから不安も解消。計画的な授業で合格まで!

めざせ日商簿記3級合格講座
森昌彦 (日商簿記3級試験)

梅田/大阪・天王寺・京橋・難波・大阪上本町・天満橋・淀屋橋・心斎橋・堺筋本町・今福鶴...

ブログ記事 ページ先頭へ