サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験埼玉 楽しくなる簿記講座 スクールブログ なんと146回...

なんと146回問題に誤植が・・・

今回の146回試験を受検された方、お疲れ様でした。

今回受検された方、第4問に誤植があったことに気付きましたでしょうか。
問題設定として、当店=静岡商店なのですが、
(1)の問題を見ると、静岡商店へ商品¥400,000を売上げ、・・・
となっています。
自分で自分に商品を売り上げていることになっています。
この第4問(1)だけで、6点分の配点(?)があります。
採点上、何らかの配慮があると思います。
無回答でない限り、ボーナス点が転がり込んでくる可能性もあるかも知れませんね。

誤植が訂正されずに、試験が終わってしまうというのは初めての経験なので、日商がどのようなコメント出すか個人的には興味があります。

ところで、今回の146回は全体的に3級としては普通の問題でした。
しいて言うと、第5問がB/S・P/L作成の問題だったので、少し合格率が悪くなるかもしれないという懸念はあります。
しかし、近年の出題傾向を見ると、B/S・P/L作成の問題は
138回
141回
142回
144回
と比較的頻繁に出題されています。
その前はというと、124回まで遡ります。
近年の出題率からは、もはや受検者にとって、苦手とは言ってられません。
144回こそ、合格率は45%ありましたが、141回・142回はいずれも26%台
138回は38%と若干低い合格率です。

精算表なら出来るのにB/S・P/L作成になると出来なくなってしまうとすれば、そもそもの勉強方法が間違っているように思えてなりません。
精算表でも最終的に作るのは、B/S・P/Lです。

精算表の問題を整理記入欄だけ記入して、あとはタダの表作りと思っていないでしょうか。
そこを少し意識を変えて、B/S・P/Lを作る表だと考えてみてください。
つまり、B/S・P/Lの数字をいくらにすべきか、その為の調整が整理記入だと考えてみましょう。

例えば、貸倒引当金繰入額なら
当期末の貸倒引当金としてB/Sに計上すべき適正額はいくらなのか?
残高試算表の金額をその適正額にするための調整額が繰入額です。

経過勘定なら、
当期のP/Lに計上すべき収益・費用の適正額はいくらなのか?
その為に一時的に調整すべき金額が経過勘定です。

帳簿記入をすることの最終目的は財務諸表の作成にあります。
その為のメモ書きが帳簿記入です。

精算表もB/S・P/L作成も一部の科目の表示方法の違いはあっても、同じ問題です。
表示の違いがあるのは、精算表は社内の帳簿ですが、B/S・P/Lは外部に公表するためのものだからです。

簿記は法律ではなく、慣習から成り立って来たものなので、とても合理的な仕組みです。

2級やそれ以上の学習に進む方、3級を勉強し直す方、これから学習を始める方いろいろな方がいらっしゃると思いますが、簿記の目的を忘れずに学習に励んでください。

 

(2017年6月12日(月) 0:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

新着記事

147回の試験を受けられた方、お疲れ様でした。 相対的には、3級としてはいつも通りの問題でした。 過去問題を10回〜15回分くらいをしっかり解いておけば対策としては充分だったと思います。 いかに第3問と第5問で得点を稼げるか、そして、2時間という制限時間で解き切れるかどうか。 処理...

昨年11月1に商工会議所の簿記のホームページで紹介されていた「女騎士、経理になる。」というコミック本を読んでみました。 https://www.kentei.ne.jp/14784 ←ここで紹介されています。 以下日商のホームページの紹介文の一部を引用させて頂きます。 簿記が...

今回の146回試験を受検された方、お疲れ様でした。 今回受検された方、第4問に誤植があったことに気付きましたでしょうか。 問題設定として、当店=静岡商店なのですが、 (1)の問題を見ると、静岡商店へ商品¥400,000を売上げ、・・・ となっています。 自分で自分に商品を売り上げ...

GWが近づいてきましたが、6月検定を目指している受検生にとっては、GWが明けると試験まで約1カ月です。 ここまで、勉強の進度が順調な方、上手く進んでいない方、いずれの方もこのGWをどのように過ごすかで、6月検定に向けての仕上げがある程度見えてきます。 特に、お仕事をしながら勉強をされている...

日商簿記検定が終わって少しすると日本商工会議所のホームページに 「出題の意図・講評」というものが掲載されます。 これを見ていると、出題者としては機械的にパターンで覚え込む方法に 疑問を投げかけていることがはっきりとわかります。 とは言っても、合否に関わるほどのことではありません。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ