全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 税理士三堀貴信の日商簿記3級試験講座 スクールブログ スクールに入る...

スクールに入るまでなにをやっておけばいいの?

「税理士三堀貴信の日商簿記3級試験対策講座」の三堀貴信です。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。(*'▽')

えっとですねー、本日は、当スクールに入りたいんだけど、まだ、時間的に早いかなとかそんなこと思っちゃっている人に対してのメッセージみたいな感じでブログを書きますね。

先日のブログで、試験1か月前で初学者の方の申込みは締め切りとさせて頂きますと述べました。理由は、全くの初学者の方の合格可能性を考えると初学者の合格リミットは1か月であると考えているからです。(あくまで私見)

が、しかし、1か月前に「私、簿記3級については見たことも聞いたこともありません。借方?貸方?なんですかそれ?おいしいんですか?」って感じでお越しになられたらさすがに厳しいです( ;∀;)

このような生徒さんもどうしてもやるんだ!!!というのであるならば誠心誠意サポートさせて頂きますが、どうせなら、いまならまだ時間があるので、今から始めてみませんか?

私のスクールベースでの話をさせて頂きます。ほかの先生とやり方も教材も方針も違いますのでご了承くださいね。

1.試験1か月前くらいの入学を考えていらっしゃる生徒さんにメッセージ

それまでに、まずこれだけは自力でやっておいてほしいというものをあげます。

当スクール一押しのテキスト「スッキリわかる日商簿記3級テキスト」(現時点における最新版)をご用意ください。
もうほかのテキストもってるよーって方もできればこれを購入していただきたい。あっいっておきますが、私はTACの回し者ではないですよ('◇')ゞ

このテキストの良いところは、
①解説がマンガチックで解説が極めて分かりやすいという点
②一定の単元ごとに知識の確認のためのミニ問題がついていて、その単元を勉強したあとにすぐチェック問題としてミニ問題を解くため知識の定着が早くて確実性が高い
③このあとに解くべきであろう過去問も同じシリーズででているので、知識がリンクしやすい。
この3点です。この3点をもってしても買いです(*'▽')

具体的な進め方ですが、いま私の手元にあるのは、ちょっと古いのですが、テキスト第6版です。このテキストはケース125まであります。

ケース125と聞くと目玉が飛び出しそうになりますが、大したことはありません。ひとつひとつの単元は基本的には短いです。

本日から、当スクール締めきりの試験1か月前まで、約10日として、125ケースを10日で割ると1日大体13問とけばいい感じです。これならできそうな気がしませんか?

中には難しい論点があります。個人的には、為替手形、精算表、合計試算表などでしょう。この辺はとりあえずわからなければ飛ばしてもいいから、できるところからどんどんテキストを読んでください。特に精算表あたりは簿記3級の最大の山場であり、こんなのは最終的にできればいいやくらいの気持ちでいいです。

具体的なやり方としては、テキストを読んで理解したらミニテストを解く、間違えたらテキストに戻って確認してもう一度解きなおす。この積み重ねです。これがいつか大きな山になって総合問題を解けるようになるのです。ちりもつもれば山となるです♪

この作業を10月14日(試験前1か月)まであるていど進めてきておいてくださいね(^◇^)。もちろん完璧じゃなくていいです!!8割・・・いや6割でも大丈夫です。とにかく一回学習しておくことが大事です。

正直なところ、この方法をとるにしても、お勧めは早めに体験入学して、相性があったら、正式入会してしまうことです。これは商売抜きで言ってます。

というのも、正式入会には入会金などがかかるのは事実です。しかし講義を予約しなければ授業料はかかりません。
また、いったん入会してしまえばメールでの質問が可能となります。わからない仕訳や問題はどんどんメールで聞いてしまえばいいのです。仕訳程度ならメールで解決できるところも多いです。これは大きなメリットです。

あとは、メールではわからないところ、メールでは説明しきれないところだけ講義をとってもらって直接教えてもらえばいいのです。
こうすれば費用対効果も高いし、有効な利用法ではないでしょうか。


2.試験1か月前からについて

そのあといよいよ過去問に入ります。過去問に入るのは早ければ早いほどいいです。

過去問はひたすら回転することになります。

過去問はご自身で回転させるもの、講師はあくまでその回転をスムーズにするため潤滑油のようなものであるとお考えください。

過去問で必要なことは解き方や解答テクニックです。それを講師から習うのです。その学んだ解答テクニックを自分で問題を解いて体得するまで問題集を回転させる!!
このような段階までもっていきたいと思っております。簿記で大事なのは慣れと感覚です。


えー最後に、
簿記経験者や勉強経験者や勉強がある程度進んでいる方については試験直前までご対応させて頂きますのでご安心くださいね。必要に応じてレッスンを入れて下さいね(レッスン日程が満員じゃなかったら)あっでもその前に体験入学だけは決まりなので受けておくことをお勧めいたします。講師はべつに私じゃなくてもいいので。結構相性の合う先生を選ぶのって時間がかかるイメージですね( ゜Д゜)

ではでは、みなさんの体験入学お待ちしておりますねー(^◇^)

 

(2015年10月4日(日) 18:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

数学が苦手でも大丈夫!実務経験も豊富なコーチが、効率的な勉強法を伝授

ブログ記事 ページ先頭へ