全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 勘定記入の問題

勘定記入の問題

第141回日商簿記の申込みが、始まっています。試験まで、あと2ヶ月となりました。

レッスンでは、過去問題集から問題を抜粋して、解いてもらうことがあるのですが、勘定記入の問題に苦戦される方が多いように感じます。

問題では、勘定ごとのTフォームになっていて、勘定科目名や金額が穴埋めになっています。
いつもの仕訳に見慣れていると、Tフォームになっている時点で、見慣れない姿に、ちょっと混乱してしまうようです。まず仕訳の形に書き直してみてください。それだけでも、頭が整理されると思います。

資産・負債(貸借対照表に載るもの)の勘定科目名のTフォームであれば、前期繰越から始まり、次期繰越で終わる(締める)。
収益・費用(損益計算書に載るもの)の勘定科目名のTフォームであれば、損益で終わる(締める)。

なぜそうなのか、金額は・・・というところまで文字だけではうまく説明できないので、すみません。

第2問、第4問で勘定記入の問題が出てきて後回しにして、時間がなくなってしまった場合、上記の「前期繰越」「次期繰越」「損益」だけでも埋められたら、部分点が狙えると思います。
過去問題集には、勘定記入の問題がよく出てくるので、苦手意識のある方は、色々なパターンの問題を何回も解いて、試験までに慣れておいて欲しいです。

 

(2015年9月14日(月) 17:36)

前の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座
神保加奈 (日商簿記3級試験)

新橋・品川・田町・泉岳寺・日本橋・東銀座・大門

ブログ記事 ページ先頭へ