全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 日商簿記検定試...

日商簿記検定試験出題範囲の変更について

日本商工会議所のHPをご覧になった方は、すでにご存知かと思いますが、第143回(2016年6月)の試験以降、日商簿記検定試験の出題範囲が変更となります。

第140回(2015年6月)141回(2015年11月)、142回(2016年2月)の試験には、影響がないようなので、近々簿記の試験を受けようとお考えの方や、次回3級受験で、2級も受けようとお考えの方は、試験範囲が変更になる前の試験を目標にされた方がいいのではないかな、と思います。

特に、簿記2級の変更点が、非常に多いです。3級から2級へのハードルが、一気に上がった感じがします。

来月の試験(第140回)を受験される方は、さほど気にする必要はないと思いますが、
日本商工会議所のHPに、
「平成28年度以降も引き続き当該級の範囲となっている内容を中心に出題することといたします。」
と書かれていましたので、試験範囲の変更で削除されてしまう論点については、あまり出題されないかもしれません。

平成28年度以降、日商簿記3級の削除される論点は、
・仕入伝票・売上伝票
・売買目的有価証券の評価替

日本商工会議所のHPにも載っています。

 

(2015年5月26日(火) 12:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

ブログ記事 ページ先頭へ