全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 内宮慶之の日商簿記3級試験講座 スクールブログ 仕訳に始まり仕...

仕訳に始まり仕訳に終わる?

こんにちは。

今回は、簿記の仕訳の重要性について、書かせていただきたいと思います。

タイトルのとおり、“簿記は仕訳に始まり仕訳に終わる”といわれるくらい、仕訳を起こす(切る)能力はは非常に大事です。会計の世界では仕訳を起こすことを“仕訳を切る”といいます。

簿記の学習をはじめた当初は、(借方)・(貸方)、資産・負債・資本金(純資産)・費用・収益と意味不明な漢字のオンパレードで頭を悩まします。

そこに、貸借対照表や損益計算書が加わると、頭の中がいっぱいになり、漢字と数字でパニックになりそうです。

経験上、わたしも当初はほんとに意味不明でした・・・
ちゃんと先生の話を聞いていなかったこともあるかもしれませんが・・・
『借入金やのになんで、貸方やねん?』と、友人をあきれさせていました。
いまでも恥ずかしい思い出です。

しかし、この基礎の部分を乗り越えて、一つ一つ基礎を積み上げることで、簿記は少しずつ面白くなっていくと思います。

前にも少し書きましたが、簿記の壁を乗り越えるためには、手を動かしてひたすら問題を解きまくることだと思います。答えを覚えるくらい解きまくることだと思います。

それでも不明な部分、意味がよくつかめないようなところは、その部分のテキストをノートに書き写すのもいいと思います。
ちょっと非効率で、時間もかかりますが、なぜか理解度が増します。

この簿記の仕訳を楽しめるようになれば、簿記は楽しくなると思いますよ。

どんなに難しい難問も、仕訳を切ることできれば解答の糸口が見つかります。


仕事の打ち合わせなどでも、取引内容を一生懸命説明してもらっても、実務ではわかりづらい取引も存在します。そういう場合仕訳で教えてもらうと、スムーズに話が進むケースもよくあります。

会計の世界では、仕訳が言葉のかわりになることもあります。

仕訳が言葉のように自然に出てくるようになればいいですね!!

仕訳に始まり仕訳に終わる?

(2015年5月6日(水) 13:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

基礎の徹底指導で”何となく”ではなく”確実な”合格を!実務経験も豊富

内宮慶之の日商簿記3級試験講座
内宮慶之 (日商簿記3級試験)

梅田/大阪・天王寺・新今宮・天満・森ノ宮・鶴橋・大阪天満宮・難波・近鉄日本橋・大阪上...

ブログ記事 ページ先頭へ