サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 合格したい人のための日商簿記3級講座 スクールブログ 前払、未払、前...

前払、未払、前受、未収について

決算整理仕訳でよく出てくる

前払、未払、前受、未収

これも最初の頃は混乱して、

間違えやすい処理ですよね。

まず、なぜこのような処理が必要なのかというと、

その会計期間(事業年度)の費用や収益を正しく知りたいからなんです。

では、なぜ正しく知らなければいけないかというと、

例えば、

ある年に3年分の家賃を前払いしてその年に3年分費用にしたとします。

そうすると、その年は大赤字になってしまいますが、

その後の2年は家賃がない状態になり、黒字になったりします。

それぞれの会社が好き勝手に払いたいときに払って、

費用にしたら、

決算後に出てくる貸借対照表や損益計算書はその年によってバラバラということになります。

ただ、毎年継続して払っているものや

毎年継続してある収入については、

1年分だけを計上する。

そうすると、1年間で必要な費用や収益がきちんとわかる。

前のブログでも書きましたが、

決算書(貸借対照表や損益計算書)を作るのは、

誰かに見せるためなので、

その見る人がわかりやすくするためにも

その年の分のみを計算するのが原則となります。

そして、「払」がつけば費用で、

そうじゃないのは収益です。


ポイントは、継続していること

そして、今期以外のものがあることです。


今日も読んでくださってありがとうございます。

 

(2015年5月3日(日) 16:26)

前の記事

次の記事

新着記事

昨日は日商簿記検定でしたね。 受検された方は本当にお疲れ様でした。 実力が出しきれた人もいるでしょうし、 実力が出しきれず、がっかりしている人もいるかもしれませんね。 試験の結果は、 試験会場に向かう人の顔を見ればほぼ分かると 専門学校の先生もおっしゃってい...

簿記検定まで3週間ですね。 試験が近くなるとあせってしまって、 その焦りがあきらめになることもあるのですが、 諦めてやめてしまうのは本当にもったいないです。 今からでも、少しずつ点数を取れるようにしていけばなんとかなる! あきらめない人が成功する人なんですよね。 ...

何か新しいことを始めるときは、 すごくエネルギーを使います。 でも、始めて見るともっと早くからやっておけば良かったと 思うことのほうが多いようです。 確かに今の生活に新しいことを取り入れるのはたいへんですが、 以外と時間は作ろうと思えばなんとかなるものです。 ...

簿記を勉強するメリットは、 もちろん仕事に活かせるということもありますが、 私は、簿記を勉強することで 数字という言語を使って 客観的に判断できるようになることだと思います。 私も、会計のスキルとして簿記を勉強しました。 確かに簿記ができると会社の業績などが...

利息がなぜ収益や費用になるのかを考えてみました。 例えばお金を借りて支払利息を払うのと、 レンタルビデオを借りてレンタル料を払うのは 考え方としては同じなんです。 お金もビデオもその物はもちろん返す必要があります。 そして、借りていたこと(サービス)に対して、...

ブログ記事 ページ先頭へ