全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験大阪 チャレンジ日商簿記3級講座 スクールブログ 予定は未定、計...

予定は未定、計画は狂うのが前提!?

こんにちわ。

3級講座のブログは久しぶりなような?

2級講座と交互に更新しているつもりなのですが・・・^^;


さて、私は4月始まりのスケジュール帳を使っているのですが、

大体、1月も終わりに近づくと、翌年度のスケジュール帳が

必要になります。

ところが、まだまだ、今2月では、4月始まりのスケジュール帳は

種類が少ないんですよね・・・・^^;

私にも、いくつか選ぶポイントがあるのですが、その中で1つ、

週の始まりが、月曜始まりでなければ困るんです。

後、1月ほど待てば、沢山出てくるのは解っているのですが・・・


さて、3日間探して、ようやく巡り合えた1冊を眺めつつ、

今日はタイトルにもあるように、どんなに計画を立てても、

物事は計画通りにはならない!という話題を。



どんな事でもそうですが、計画を立てスケジュールを組むって

大事ですよね。

仕事のタスクであれ、資格取得の学習計画であれ。


資格取得のための学習計画ならば、試験日から逆算して、

今すべき学習内容にまで、落としこむ計画を立てると思います。


私の場合、週単位で計画を立てるのですが、

その際、必ず入れるようにしているのが予備日です。


当初、まだ計画力が乏しかった頃(今でも豊富とは言えませんが)、

すべき事を、1日1日に振り分けていました。

しかし今では、そんな恐ろしい事はしません^^;

目標日まで、あと5週間あるのならば、

作業を5つに分解して振り分けます。


で、その週の最初、もしくは前の週の終わりに、

1週間の作業を、各日に振り分けるのですが、

必ず、週の終わりに予備日を入れるようになりました。

今週中にすべき事と、日程が固定されている日を

ブロックしたスケジュール帳をにらみながら、

ざっくりと7日間のうち、5日間を埋めて行きます。

その時に、予備日として2日間は固定されたスケジュール

以外は、何も入れないようにします。

こうすると、予備日を使うことで、未消化の予定が減り、

翌週へ持ち越す予定を減らせました。


私は、色々と仕事や学習をしていますが、妻でもあり、

何より3人の子供を持つ母親でもあります。

夫や子供は当然のように、急に、私の時間を消費させます。


自分以外の4人の存在は、計画を立てる上で、

大いなる脅威になるのです。

勝手に、私がやってくれると思いこんで、

本人の予定に私を組み込んでいたり、

急に、必要な事や物を要求してきたり・・・・。

あと、急に病気になってみたり、怪我をしてみたり、

虫に刺されてみたり、喧嘩をしてみたり・・・・・(*_*;

細かく予定を、きちんと組めば組むほど、実行できなくて、

翌日に回して、また予定が雪だるま式に増えて行く・・・

で、もう一度、計画の組み直し、を繰り返していました。


こんな風に、失敗を繰り返してた私が辿り着いた方法が、

週ごとのスケジュールと、2日分の予備日という訳です。



長くなりましたが、多分、多くの方は、

計画を立てる事の難しさ、実行する事の困難に、

イヤになったり、面倒になったりして、

新しい事を始めたい気持ちはあるのに、まだ実行していない、

そんな状態にあるんではないでしょうか?

今、このブログを読んでくださっている方は、簿記の資格に

関心はあるのにチャレンジを迷っているかたではないでしょうか?


新しい事を始める時は、準備とか調整とかで、色々と面倒で、

先延ばしにしてしまいがちです。

が、何事も始めるなら、早い方がいいに決まってます!

面倒な事もひっくるめて、一緒に相談しながら、私と、

1歩前に、1段上に、チャレンジしてみませんか?

予定は未定、計画は狂うのが前提!?

(2015年2月15日(日) 15:56)

前の記事

この記事を書いたコーチ

お話も楽しい先生だから初めての方も安心。人生を変えうる挑戦をお手伝い

チャレンジ日商簿記3級講座
正司利香 (日商簿記3級試験)

天王寺・美章園・長居・堺市・津久野・鳳・富木・和泉府中・下松・東岸和田・東羽衣・堺・...

ブログ記事 ページ先頭へ