全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 スドウの日商簿記3級試験講座 スクールブログ はじめに 簿記...

はじめに 簿記とは?

皆さんはじめまして

日商簿記3級試験講座を開きました、
須藤大輔と申します。


このブログをご覧くださっている方の中には、
簿記について今まで触れたことがない方もきっとたくさんいらっしゃると思います。

そのような方々のために、
まずはじめに、簿記とは何か、ということについて触れたいと思います。

正確な定義や、歴史的変遷については、Wikipediaでもみていただくとして・・・

私が思う、簿記のイメージは、
「会社の経済的実態を映し出すための手法」といったところです。


会社は、毎日さまざまな取引をします。
○商品を仕入れた
○従業員に給与を払った
○銀行から資金を借り入れた
○商品を売った
○営業車を買った   などなど。

それら、日々の取引について、仕訳(しわけ)という記録をとります。
そして、決算日を向かえると、
決算期間(通常は一年)における仕訳を全部集計して、
決算書(専門用語では、財務諸表(ざいむしょひょう))を作成します。

財務諸表のなかには、
○その決算期間にいくら会社が儲けたか、業績を示す
「損益計算書」(そんえきけいさんしょ)
○決算日時点の会社の財政状態を示す「貸借対照表」
(たいしゃくたいしょうひょう)
があります。

簿記があるからこそ、会社の経済実態を把握することができるのです。

会社は決算をむかえると、上記財務諸表を債権者や株主のために公表しなければなりません。
ですから、会社には経理部があって、
就職のためや、就職後のためのスキルアップとして、簿記検定を受験するのはお勧めです。

また、就職活動において、どの会社を選ぼうかなと考える際にも、
その会社の将来性を見るひとつの手段として、財務諸表というのはありますし、
財務諸表を理解するには、簿記の知識をつけることがお勧めです。

さらに、最近では株式投資をされている方も多いと思います。
どの会社の株を買おうかを考えるひとつの手段として、
会社の経済的実態を把握するのは有用ですし、そのためにはやはり簿記の知識をつけることがお勧めです。

その簿記の知識をつけるための基本が、日商簿記三級試験といえます。
簿記を学び始めた多くの方が挑戦する試験です。

このブログでは、簿記の基本的なことについて、興味を持っていただけるような、
さまざまな話題を提供できればと思っております。

このブログを観て、私の試験講座に関心を持っていただければ幸いです。


 

(2015年1月28日(水) 22:15)

次の記事

この記事を書いたコーチ

初学者でもOK!大手監査法人での実務経験も活かし、勉強のノウハウを伝授

スドウの日商簿記3級試験講座
須藤大輔 (日商簿記3級試験)

上野・御徒町・秋葉原・御茶ノ水・飯田橋・水道橋・津田沼・北千住・綾瀬・金町・浅草・神...

ブログ記事 ページ先頭へ