全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験愛知 はじめての日商簿記3級試験講座 スクールブログ 家計簿と簿記

家計簿と簿記

ほとんどの家庭で家計簿をつけていると思います。
家計簿は普通、現金の収入と支出を記入し、その差額としての残高を記入しています。
家計簿をつける目的は、ひとつは収入がいくらあり、それからいくら支出して、いま、現金がいくら残っているのかを知ることであり、次にこの記録によってムダな支出を省き、貯金の計画を立てたりして家庭の経済の基礎をしっかりさせることにあると思います。

一方、会社では、現金の収入と支出と残高を知るだけでは十分ではありません。
会社には仕入、加工、販売、回収といった業務のサイクルがありそれが無限に続きます。それを推進するj人の数も通常、多人数です。
したがって会社の運営成果の記録も、家計とは比べものにならないほど多様です。

いろいろな事柄を記録したり計算したりして、その結果をまとめていくためには、どうしてもしっかりしたしくみをもった方法でないと、間違いなく処理していくことはむずかしくなります。
簿記はこのために最も適した方法です。

 

(2014年12月18日(木) 19:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師・実務経験ともに豊富!得意のデッサンを用いて分かり易く解説

ブログ記事 ページ先頭へ