サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 第138回日商...

第138回日商簿記検定試験3級について

先日、第138回の日商簿記検定試験が行われました。

第1、3、5問は、問題の形式がパターン化していたのですが、今回数年ぶりに、第5問に精算表以外の問題(貸借対照表と損益計算書を完成させる問題)が出てしまったようです。

試験開始前に、解答用紙に名前を書かされるかと思うのですが、その時に第5問が精算表じゃない!!って分かった瞬間に、焦った人が結構いたのではないかと・・・。

私の好きなテキストを出版しているネットスクールでは、予想問題集を販売しているのですが、第138回予想問題の中に、今回出題された形式の問題がありました。第1から第3予想まであり、第3予想の中に入っていました。

試験前の勉強では、過去問を数回分やると、時間がなくなってしまって、予想問題・模擬問まで、手がつけられない方も多いと思います。
ですが、今回の試験のように、今までと違うパターンの問題が出ることもあるので、やはり過去問と模擬問の両方やっておいた方がいいと、改めて思いました。












 

(2014年12月9日(火) 17:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

新着記事

第141回日商簿記の申込みが、始まっています。試験まで、あと2ヶ月となりました。 レッスンでは、過去問題集から問題を抜粋して、解いてもらうことがあるのですが、勘定記入の問題に苦戦される方が多いように感じます。 問題では、勘定ごとのTフォームになっていて、勘定科目名や金額が穴埋めにな...

先日行われた、第140回日商簿記検定試験の問題用紙を取り寄せたので、解いてみました。 引っ掛けがあるのかと、ついつい深読みしてしまいましたが、素直に解いて大丈夫な問題ばかりでした。それよりも、勘定科目を迷わせる問題が多かった気がします。 仕訳問題は、日常的にありそうなことが問題文に...

日本商工会議所のHPをご覧になった方は、すでにご存知かと思いますが、第143回(2016年6月)の試験以降、日商簿記検定試験の出題範囲が変更となります。 第140回(2015年6月)141回(2015年11月)、142回(2016年2月)の試験には、影響がないようなので、近々簿記の試験を...

第139回日商簿記検定試験の受験者データが、東京商工会議所からやっと出ました。 合格率は、 3級・・・56.1% 2級・・・23.2% 3級は、合格率が高かったようです。 2級は、前回の合格率がさほど高くなかったのに、今回も低い、、、ということは、次こそ!合格率が上がるような...

第139回、日商簿記検定3級の試験日が、せまってきました。 簿記検定ナビというサイトで、予想問題が無料で配布されていました。 3級の勉強がしっかりできている人でも、見落としがちなところが網羅されているので、問題自体は若干難しいかな、と思いましたが、とても参考になる問題だと思います。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ