サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 3級試験問題よ...

3級試験問題より 現金の範囲 ~小切手~

簿記3級の過去問題を見ていたら、こんな問題があったので、紹介したいと思います。

金庫の中に保管されていたもの
紙幣 100000円 送金小切手40000円 郵便切手・収入印紙60000円などなど・・・
(問題文は、省略します)

金庫の中に保管されているものの中で、現金となるものはどれか?という問いです。

簿記上の現金は、単純に紙幣や貨幣だけではないことを理解しているか、試されてる感じです。
現金出納帳に現金として記帳するものはどれか?を分かっていれば簡単に解けるのですが、なんだっけ?と思うものもあります。その中でも紛らわしかった小切手について、お話したいと思います。

《送金小切手》=現金
通常の小切手との大きな違いは、振出人が銀行という点です。銀行が払ってくれるので、信頼度が高いといえると思います。(そこまでは試験で必要ないです)
通常の小切手と同じように、銀行に持ち込んだら、現金化されます。なので、現金で処理します。

《他店振出しの小切手》=現金
他店が振出したので、支払うのは、他店。小切手を銀行に持ち込んだら、現金化されます。
なのでこれも、現金で処理します。

《自店振出しの小切手》=当座預金
自店が振出した小切手が、なぜ金庫に??と思っちゃいますが、取引先に振出した小切手がなかなか現金化されずに、まわりまわってまた別の取引先から自店への支払いに使われちゃって、自店に戻ってきたんでしょうか。ややこしい。
銀行に持ち込んだら、現金化されますが、支払いするのは、自店です。
元々小切手振出した時に、貸方:当座預金ですよね。これをマイナスしてあげて消さないといけないので、借方:当座預金です。
自店振出しの小切手は、現金じゃないです。

他にも紛らわしいものが、金庫に入っていたので、また紹介したいと思います。



↓↓↓お知らせです↓↓↓↓
『【9/30迄】先着300名!受講生3万人突破、入会金無料キャンペーン
 プライベートコーチのCyta.jp』
 http://cyta.jp/cp/2014at



 

(2014年9月18日(木) 18:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

新着記事

第141回日商簿記の申込みが、始まっています。試験まで、あと2ヶ月となりました。 レッスンでは、過去問題集から問題を抜粋して、解いてもらうことがあるのですが、勘定記入の問題に苦戦される方が多いように感じます。 問題では、勘定ごとのTフォームになっていて、勘定科目名や金額が穴埋めにな...

先日行われた、第140回日商簿記検定試験の問題用紙を取り寄せたので、解いてみました。 引っ掛けがあるのかと、ついつい深読みしてしまいましたが、素直に解いて大丈夫な問題ばかりでした。それよりも、勘定科目を迷わせる問題が多かった気がします。 仕訳問題は、日常的にありそうなことが問題文に...

日本商工会議所のHPをご覧になった方は、すでにご存知かと思いますが、第143回(2016年6月)の試験以降、日商簿記検定試験の出題範囲が変更となります。 第140回(2015年6月)141回(2015年11月)、142回(2016年2月)の試験には、影響がないようなので、近々簿記の試験を...

第139回日商簿記検定試験の受験者データが、東京商工会議所からやっと出ました。 合格率は、 3級・・・56.1% 2級・・・23.2% 3級は、合格率が高かったようです。 2級は、前回の合格率がさほど高くなかったのに、今回も低い、、、ということは、次こそ!合格率が上がるような...

第139回、日商簿記検定3級の試験日が、せまってきました。 簿記検定ナビというサイトで、予想問題が無料で配布されていました。 3級の勉強がしっかりできている人でも、見落としがちなところが網羅されているので、問題自体は若干難しいかな、と思いましたが、とても参考になる問題だと思います。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ