全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 3級試験問題よ...

3級試験問題より 現金の範囲 ~小切手~

簿記3級の過去問題を見ていたら、こんな問題があったので、紹介したいと思います。

金庫の中に保管されていたもの
紙幣 100000円 送金小切手40000円 郵便切手・収入印紙60000円などなど・・・
(問題文は、省略します)

金庫の中に保管されているものの中で、現金となるものはどれか?という問いです。

簿記上の現金は、単純に紙幣や貨幣だけではないことを理解しているか、試されてる感じです。
現金出納帳に現金として記帳するものはどれか?を分かっていれば簡単に解けるのですが、なんだっけ?と思うものもあります。その中でも紛らわしかった小切手について、お話したいと思います。

《送金小切手》=現金
通常の小切手との大きな違いは、振出人が銀行という点です。銀行が払ってくれるので、信頼度が高いといえると思います。(そこまでは試験で必要ないです)
通常の小切手と同じように、銀行に持ち込んだら、現金化されます。なので、現金で処理します。

《他店振出しの小切手》=現金
他店が振出したので、支払うのは、他店。小切手を銀行に持ち込んだら、現金化されます。
なのでこれも、現金で処理します。

《自店振出しの小切手》=当座預金
自店が振出した小切手が、なぜ金庫に??と思っちゃいますが、取引先に振出した小切手がなかなか現金化されずに、まわりまわってまた別の取引先から自店への支払いに使われちゃって、自店に戻ってきたんでしょうか。ややこしい。
銀行に持ち込んだら、現金化されますが、支払いするのは、自店です。
元々小切手振出した時に、貸方:当座預金ですよね。これをマイナスしてあげて消さないといけないので、借方:当座預金です。
自店振出しの小切手は、現金じゃないです。

他にも紛らわしいものが、金庫に入っていたので、また紹介したいと思います。



↓↓↓お知らせです↓↓↓↓
『【9/30迄】先着300名!受講生3万人突破、入会金無料キャンペーン
 プライベートコーチのCyta.jp』
 http://cyta.jp/cp/2014at



 

(2014年9月18日(木) 18:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

ブログ記事 ページ先頭へ