サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 すっきり解決 日商簿記3級はじめて講座 スクールブログ 建設業経理士検...

建設業経理士検定2級受けました

昨日、第16回建設業経理士検定2級を受けました。

この検定試験を受けて思ったことは、日商簿記2級の知識があれば、十分対応できるということです。勘定科目など、多少知識を増やさなければいけませんでしたが、テキストをじっくりやるというよりも、過去問を何度も解いて、理解を深めていきました。

実は、今の仕事で、建設業の勘定科目は必要ないのですが・・・
なぜ受けたかといいますと、

・経理に関する幅広い知識を得るため
・資格取得の目標を持つことで、勉強を続けるモチベーションを維持するため

この資格の申込みをした時は、まだCyta.jpの登録前だったので、勉強を続ける手段として、資格取得という目標を設定しました。何かないと、勉強を続けるって、難しいですね。

今は、
“分かりやすい解説!”をするにはどうしたらいいか?!
日々勉強しています。



↓↓↓↓Cyta.jpからのお知らせです↓↓↓↓
【9/30迄】先着300名!受講生3万人突破、入会金無料キャンペーン 
プライベートコーチのCyta.jp
http://cyta.jp/cp/2014at




 

(2014年9月8日(月) 18:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理に役立つ簿記の基礎をレクチャー。応用問題に対応できる力を明るく養成

新着記事

第141回日商簿記の申込みが、始まっています。試験まで、あと2ヶ月となりました。 レッスンでは、過去問題集から問題を抜粋して、解いてもらうことがあるのですが、勘定記入の問題に苦戦される方が多いように感じます。 問題では、勘定ごとのTフォームになっていて、勘定科目名や金額が穴埋めにな...

先日行われた、第140回日商簿記検定試験の問題用紙を取り寄せたので、解いてみました。 引っ掛けがあるのかと、ついつい深読みしてしまいましたが、素直に解いて大丈夫な問題ばかりでした。それよりも、勘定科目を迷わせる問題が多かった気がします。 仕訳問題は、日常的にありそうなことが問題文に...

日本商工会議所のHPをご覧になった方は、すでにご存知かと思いますが、第143回(2016年6月)の試験以降、日商簿記検定試験の出題範囲が変更となります。 第140回(2015年6月)141回(2015年11月)、142回(2016年2月)の試験には、影響がないようなので、近々簿記の試験を...

第139回日商簿記検定試験の受験者データが、東京商工会議所からやっと出ました。 合格率は、 3級・・・56.1% 2級・・・23.2% 3級は、合格率が高かったようです。 2級は、前回の合格率がさほど高くなかったのに、今回も低い、、、ということは、次こそ!合格率が上がるような...

第139回、日商簿記検定3級の試験日が、せまってきました。 簿記検定ナビというサイトで、予想問題が無料で配布されていました。 3級の勉強がしっかりできている人でも、見落としがちなところが網羅されているので、問題自体は若干難しいかな、と思いましたが、とても参考になる問題だと思います。...

ブログ記事 ページ先頭へ