サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験京都 電卓ぱちっと 和やか空気な日商簿記3級 スクールブログ 簿記3級を学ぶ...

簿記3級を学ぶことで・・・

今日は京都は比較的に涼しい一日でした。
しかし、そうはいっても暑いものは暑い!

皆様、熱中症などには気を付けましょうね。
私はもうガブガブ水分とってしまってトイレが近くなります。反省はあまりしません(笑)

さて、今回のテーマは簿記3級を学ぶことで得られるものです。3級は簿記の基本です。つり、基本さえわかっていれば、実務には通用できるのです。
それを得るためのお話です。
私の独学体験も少々交えたお話。


よくネット等では独学でも一ヶ月あればできる

と言われます。

正直、やる気しだいで出来ると私は思います。
私も学校では約一週間ほどでした。(無学から2級に受験のクラスメイトがほとんどだったので日程のスケジュールなどもあったと思います。)
しかし、そこには意外な落とし穴が隠れています。

それは基礎の土台作りが弱くなる事です。

独学ですと、合格する為に学ぶのが目的になりどんどん問題に挑戦する形になると思います。

ですので言葉の意味、どうしてそうなるのかをあまり理解せず、公式のように解いていく形になるので結果として、検定に合格しても実務等で詰まってしまう恐れが出てします。

例として、2級受験を間近に控えていた時、クラスメイトに「貸借対照表ってどれ?」と聞かれた事があります。

さらに、そのまま2級を目指し独学を続けると分厚い壁にぶちあってしまう可能性が高いです。
なぜかというと、2級は3級の土台の積み重ねが必要だからです。

3級をしっかり学べば思いの他、簡単にできてしまうものもできなくなってしまうんですね。

そうなるとモチベーション維持が大変難しくなります。すると勉強に対し、少々嫌気がさし…
悪循環が生まれてしまいます。じつは私はこれでした。取り組もうにもめっちゃ眠たくなるんですよ(笑)


上記の事からしっかり3級を学べば、むしろ2級を独学でも大丈夫なんじゃないかって自信になります。すると ガンガンいこうぜ! となり、楽しみながら学べると…。
良い循環ですね!

独学をしていた時、分厚い壁にあたり、なんとかモチベーション維持の為に、"壁にぶつかってる!ここ超えたら俺かっけぇ!"
なんて思っていましたが
何回もぶちあたると"俺、もうかっこよくなくていいや"となっちゃいました!(笑)

学ぶ上で個人差はありますがなにかしらの壁は残念ながら避けられません。

だけど一人で越える必要はないのです。
一緒に越えていきましょー!




少し長くなってしまいましたね。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。
いつかお会い出来る日を楽しみに。

では、失礼します。

まったねー(^o^)ノシ
仕事帰りにノラ猫がいました。
暑そうでした(笑)

簿記3級を学ぶことで・・・

(2014年7月29日(火) 2:11)

前の記事

次の記事

新着記事

新年、明けました! 年末調整業務でバタついており、ついには体調を崩しておりました…。 体調管理はしっかりしないと! と思いつつ、夜型なので遅めのブログ更新です。 新年が明け、早くも来月は日商簿記検定です。 3年前、独学で2級を受験し見事に不合格という苦い思い出があります。...

こんばんは! すっかり冷え込んできました。 体調を崩しやすい季節です。 寒がりな私には少々厳しい季節(笑) 早く、あったかくならないかな?ともう思っています。 今回のタイトル、実務と資格の差 というわけで 税理士事務所の経験を交えて、書いていきます。 これから先、こう...

■キャンペーン内容 期間:9/4(木) 0:00 - 9/30(火) 23:59迄 (ただし、お申し込みが先着300名に達し次第終了。人数制限によって、終了間近となった場合、事前にご連絡致します。) 内容:通常ご負担いただいている入会金(8000円)が無料になります。 対象者:キャンペ...

この夏は雨続きで気が滅入りましたね。 これからいい天気が続けばいいんですが。 勉強をいざ始めようと思っても、なかなか手をつけられないなんて事がよくあります。 初めて勉強するのなら尚更かなぁ。 パラパラ~っとめくって終わってしまったり 計画立ててハイ!終了! ...

暑い日が続いております。日射しが痛い!(´Д`;) 夏派です。夏はなんだかウキウキします。 事務所から晴れた青空を見ているとバイクに乗りたくなってしまいます。 一日中、パソコンと仕事の資料とにらめっこ 疲れ目を感じる週の半ば(笑) よく、初対面の方に言われるのが、見た目とは裏...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ