全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験福岡 簿記力でジャンプアップ スクールブログ 基礎の大切さ

基礎の大切さ

私が以前2級の試験前には、工業簿記の仕組みや意味がホトホト
理解できず、工簿を集中的に学習しました。

それなのに・・・、試験日、工簿の問題を見ると、
「あれ~????」

すぐに、「ダメ!!落ちたっ!!!」って思いました。
商簿は部分点が稼げますが、工簿は得点差が出やすいので、
もしかすると工簿は0点かも?
という思いがよぎりました。

でも、ラスト15分くらいで、「あっ!」と気が付き、スラスラと回答が
出てきました。
嫌な汗を背中イッパイかきましたが、
やり終えた感も満載。 !(^^)!

結果・・・、工簿は満点。

そんなこんなで、工簿に対する苦手意識は払拭したものと
思っていましたが、1級の工簿はこれまた手ごわい!
現在は、6月の日商1級検定に向け、またしても工簿に時間を割く毎日です。

ただ、3級の学習時に、簿記の仕組みや流れの基本を理解できていると
とても理解が早いと思います。
1級になっても3級の基礎が理解できてないことに気が付く人もたくさん
います。

現在3級学習中で、次2級へ進んでいこうと考えている方は、
問題の正誤も大切ですが、基礎をしっかり反復することをおススメします。

簿記って初心者にとっては、とっつきにくくて、「意味不明~」な感じが
します。(私はそうでした)
ただ、わかってくると、ごくごく当たり前のことを仕組み化しているだけ
だと気が付きます。

そして身につけた基礎力は、色んな応用が利くので、使い勝手のいい
無駄にならない学習だと思います。

6月検定を目指す方は、今のうちに基礎をしっかり振り返りながら、
問題に向き合って下さいね。


そして・・・、私も同じく、頑張ります。(^_^.)








 

(2014年5月11日(日) 11:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

民間企業への研修のほか、国立大学などで指導。学習ストレスの相談もOK

簿記力でジャンプアップ
橋本美久 (日商簿記3級試験)

博多・小倉・黒崎・南小倉・中洲川端

ブログ記事 ページ先頭へ