全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 暗記に頼らない簿記3級講座 スクールブログ 第136回簿記...

第136回簿記検定3級 第1問以外の私的展望の結果検証

第2問
勘定転記または計算問題を予想していましたが、実際は仕訳問題でした。
ただし予想していた当座借越については当座預金出納帳の記帳で、消耗品は勘定転記ではありませんでしたが、第1問の仕訳問題で出題されるなど、思わぬところで少しはお役に立てたのではないかと思っています。

第3問
予想通り試算表作成問題でした。
内容的にも前月末残高試算表と月中取引を利用し、残高試算表を作成させるものでしたが、形式が予想していた第131回、第126回の形とはやや違うものでした。

第4問
伝票または勘定転記を予想しましたが、実際は語句の選択問題でした。
この語句選択問題は、出題の実績がありないため、予想することができませんでした。

第5問
予想通り精算表(文章問題)でした。
支払利息の元となる借入金は前期より借り入れているようですが、従来のような毎年同額を支払っている問題ではなく、期の途中から変更された利率を(しかも問題文に率が書かれている)つかう問題で、あったため、結果として比較的単純な計算で済みました。

お知らせ
今回の簿記検定においても個人的に予想問題を作成していましたが、多くの方の受験のお役に立ちたいと思い、次回以降さらに入門から直前予想まで問題を作成したいと思っていますので、ぜひ講座をご活用ください。

 

(2014年3月6日(木) 22:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴25年以上!オリジナル教材の作成も。暗記に頼らない学習法で安心

暗記に頼らない簿記3級講座
古矢敏雄 (日商簿記3級試験)

取手・日暮里・上野・新松戸・南千住・北千住・綾瀬・亀有・金町・松戸・北小金・南柏・柏

ブログ記事 ページ先頭へ