サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験埼玉 楽しくなる簿記講座 スクールブログ 検定直前 諦め...

検定直前 諦めないで!

検定試験まであと少しですね。

試験に向けての調整がはかどらずに、少し諦め気分になっているあなた、諦めるのはまだ早いですよ。

やる気になれば3日間で合格レベルまで仕上げることは可能です。
(実際にある企業の研修で実践しました)
でも、一人では不安ですよね。

そこで、試験直前の調整方法を簡単に記します。
1.過去問題を最低3年分(9回分)を徹底的に練習して下さい。
  9回分が多いと思う人は6回分でも結構です。
  答えを覚えてしまうくらい、繰返し練習しましょう。
2.1回分を2時間でやろうと思わず、第1問~第5問までを分けて、配点の比率で時間を区切りましょう。
  配点は大体第1問=20点、第2問=10点、第3問=30点、第4問=10点、第5問=30点というパターンですから、時間もこれに合わせて第1問=20分、第2問,第4問=それぞれ10分、第3問,第5問=それぞれ35分というような具合ですね。
  このように細かく分ければ、出来そうな感じがしませんか。

試験直前になると予想問題や模擬問題などというものがたくさん出ますが、時間が無い方は過去問題だけで充分です。
もちろん余裕のある方はいろんな問題をどんどん積極的に練習して下さい。

それと、なにも第1問から順番にやる必要はありません。
自分の時間に合わせてやれば良いんです。

私のおすすめは、配点の高い第3問と第5問を積極的に練習することをおすすめします。
次に第2問、第4問。
第1問は後回しでもいいです。
それと、第1問の分からない問題は今更考え悩むのはやめましょう。

このように直前の調整をすすめると比較的楽に本番を迎えられると思います。

あくまでも、仕上げの調整が遅れている方の為のアドバイスです。
目安にしてみて下さい。

最後まで頑張って下さい。

 

(2013年11月13日(水) 17:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

専門学校、研修での実績多数!初めての方、再挑戦の方どちらもおすすめ

新着記事

147回の試験を受けられた方、お疲れ様でした。 相対的には、3級としてはいつも通りの問題でした。 過去問題を10回〜15回分くらいをしっかり解いておけば対策としては充分だったと思います。 いかに第3問と第5問で得点を稼げるか、そして、2時間という制限時間で解き切れるかどうか。 処理...

昨年11月1に商工会議所の簿記のホームページで紹介されていた「女騎士、経理になる。」というコミック本を読んでみました。 https://www.kentei.ne.jp/14784 ←ここで紹介されています。 以下日商のホームページの紹介文の一部を引用させて頂きます。 簿記が...

今回の146回試験を受検された方、お疲れ様でした。 今回受検された方、第4問に誤植があったことに気付きましたでしょうか。 問題設定として、当店=静岡商店なのですが、 (1)の問題を見ると、静岡商店へ商品¥400,000を売上げ、・・・ となっています。 自分で自分に商品を売り上げ...

GWが近づいてきましたが、6月検定を目指している受検生にとっては、GWが明けると試験まで約1カ月です。 ここまで、勉強の進度が順調な方、上手く進んでいない方、いずれの方もこのGWをどのように過ごすかで、6月検定に向けての仕上げがある程度見えてきます。 特に、お仕事をしながら勉強をされている...

日商簿記検定が終わって少しすると日本商工会議所のホームページに 「出題の意図・講評」というものが掲載されます。 これを見ていると、出題者としては機械的にパターンで覚え込む方法に 疑問を投げかけていることがはっきりとわかります。 とは言っても、合否に関わるほどのことではありません。 ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ