サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験福岡 簿記力でジャンプアップ スクールブログ 思い知らされる...

思い知らされる、思い違い。

ある女性(Aさん)は、簿記3級の学習を始めた当初(6月始め頃のこと)、
今後の計画を語っていました。

「まずは、11月にサクッと3級に合格して、来年2月には2級もパスしたい」

最近(約2ヶ月後)、Aさんに進捗状況を訊ねると、
「あー、2月の2級??無理ですね~」

「3級は、試験対策やってる?」
「何回か、テキストは見直してます」

彼女は、習った箇所を数回直して、…放置。

私もAさん体質なので、彼女の気持ちというか言動がとても理解できます。
学習のやり始めは、そこそこモティベーションも高いし、
少し理解でき始めると、簡単に合格できそうな気がするというか、
無邪気な積極性が出てきます。


でも…、
合格ラインに達する人達の特徴は、

理解力や呑み込みが早い人ではなく、
 (早いに越したことはありませんが…)
ポジティブ前向きな人でもなく、



☆☆ 現時点での実力を知っている人 ☆☆
だと思います。


仕事については、若干の大風呂敷はアリですが、
学習では、変なプライドや場当たり的な積極性は邪魔になります。
「自己把握力」のある人は、客観的で冷静です。


では、自己把握力をつけるには…、
☆☆ 実力テストを受けること ☆☆
です。

テストの結果、現在の実力が高い、低いにはあまり問題ないと思います。

でも…、現在の実力を知らないことは、大問題です。
(受験するなら…ね)


仕事では自分の思い違いは、なかなか把握できないんですが、
学習に置いては「点数」という超具体的で客観的な事実(現状)が
把握できます。

正直、嬉しくない事実が多いのですが、
これがなくては進めないのも事実です。


11月受験される方は、今月中に、数回分の過去問を所定時間内に
解いてみることをおススメします。


まだまだ酷暑が続くようですが、
水分と睡眠をしっかりとって、お元気で!!





 

(2013年8月18日(日) 9:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

民間企業への研修のほか、国立大学などで指導。学習ストレスの相談もOK

新着記事

日商検定が近づいてまいりましたね。 この時期からは、ひたすら問題を解く、解く、解く・・・ことだと思います。 簿記は3級でしたら、試験日2週間前の詰め込みで十分合格できます。 基礎問題の内容が完全に理解できていないと、なかなか進みにくいかも しれませんが、実際の試験問題はある程度...

私が以前2級の試験前には、工業簿記の仕組みや意味がホトホト 理解できず、工簿を集中的に学習しました。 それなのに・・・、試験日、工簿の問題を見ると、 「あれ~????」 すぐに、「ダメ!!落ちたっ!!!」って思いました。 商簿は部分点が稼げますが、工簿は得点差が出やすいので、...

面白い、楽しい、好きだ、出来る、得意…、といった感情や感覚は、 成長するためにはとても大切です。 好きなことは長時間取り組んでも苦にならないし、当然ながら徐々に 上達し、人からも認められ、益々得意になっていきます。 好きな事をしているときは、良いアイデアが沸いてくるし、 必要な情...

11月の検定試験対策を1ヶ月半に渡り、グループ指導させていただきました。 結果、8名全員が日商3級を合格されました!!!! そのうちお1人がなんと100点!で、90点越えは4名。 皆さん高得点での合格で、自分の事の様に嬉しかったです。 私自身は、そんな高得点の合格者ではなかったので...

朝夕は、涼しい日が増えましたね。 学習するにはいい季節かと思います。 11月の日商検定を受ける方は、是非10月開催の仕訳検定の 受験もお勧めします。 仕訳の理解力と回答力が本試験の結果に大きく左右します。 力試しもかねて、是非チャレンジください! ところで…、 私...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記3級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ