全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験福岡 簿記力でジャンプアップ スクールブログ 検定試験まで一...

検定試験まで一週間

日商簿記検定まで、残り約一週間。
受験者の皆さんは最後の締めに向かってスパートをかけていると思います。

第3問対策用の勉強には30分程度かかるので、実際一日で
解ける問題の量が限られてくるかと思いますので、
出来れはこの期間は日に2~3時間は勉強されることをおススメします。
清算表や残高試算表の計算も全て仕訳の積み重ねですので、
苦手な仕訳を徐々に克服できたらサクッと点数は上がります。

私自身の経験からすると、案外ネックは第2問。
小ぶりな問題が多いため、試験対策としてあまり比重を置いてなく、
問題によっては「あれ?なんだったけ?」的なものもありました。
第2問は部分点が拾いにくいので得点差が出やすくなります。
せっかく仕訳が理解できていても第二問で点数を落としてしまえば凄くザンネンです。

ただ、出題傾向としては限られてくるので、ボリューミーな第3問のあいだあいだに、
日に2~3問解く事をおススメします。

あと、試験の前日や当日は結構焦ってしまうので、
今のうちに、受験票、身分証明書等の必要品のチェック。
電卓の調子のチェック、消しゴムやシャーペンのシンの入れ忘れチェックもお忘れなく。

消しゴムは使いすぎて小さくなったものは転びやすいので
出来れば新しいものを。
シャーペンのシンは、書きやすく消しやすい「B」がいいかと。
どちらも2つは準備くださいね。


ではラストスパート。
合格をお祈りしています。



 

(2012年6月3日(日) 10:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

民間企業への研修のほか、国立大学などで指導。学習ストレスの相談もOK

簿記力でジャンプアップ
橋本美久 (日商簿記3級試験)

博多・小倉・黒崎・南小倉・中洲川端

ブログ記事 ページ先頭へ