全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験京都 京都烏丸簿記講座 スクールブログ 法人税別表4、...

法人税別表4、別表5(1)

法人税別表4というのは、法人税申告書のP/L(損益計算書)のようなものです。

この別表4で、企業の所得(会計で言う当期純利益)を計算します。

別表5(1)というのは、法人税申告書のB/S(貸借対照表)のようなものです。

この別表5(1)で、会計上は費用処理されているが、税務上は、資産として繰り延べられているものとか、
税金の内訳、自己資本の内訳などが解ります。

それ以外では、会社が行った処理を、税務調査で税務署に否認された時には、別表4と別表5(1)を使って修正します。

決算は、株主総会で確定しているので、会計上の決算数値を変える訳には行かないので、法人税の申告書で、文字通り、修正するのです。

以前は、経理マンは、法人税別表4、別表5(1)が書けるようになって一人前と言われましたが、今では、法人税ソフトのレベルも上りましたので、今どき、手書きの会社はないと思います。

 

(2012年2月13日(月) 23:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

税理士法人副所長を経て、FPとして活躍中。簿記・FP・宅建の講師経験も

ブログ記事 ページ先頭へ