全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験北海道 合格目指して簿記検定 スクールブログ ちょこっとレッ...

ちょこっとレッスン3

こんにちは!

ちょこっとレッスン3回目、貸借対照表からですね!


●貸借対照表(期末時点での財産や借金などを表示)

 ?借方(左側)に資産グループを表示し、貸方(右側)に負債グループ(上側)と純資産グループ(下側)を表示します。

  ※借方、貸方はただの呼び名で何かを借りたり、貸したりすることとは無関係です。左側を借方、右側を貸方と呼びます。

 ?資産グループに分類されるもの

   現金・商品・建物などのような店の財産
 
 ?負債グループに分類されるもの
 
   借入金などの、後で返すお金

 ?純資産グループに分類されるもの

   店主から出資された資本金など

続いて損益計算書です。

●損益計算書(会計期間内のお金の出入りを表示)

 ?借方に費用グループを表示し、貸方に収益グループを表示します。また借方の下側に差額の当期純利益を表示します。

 ?費用グループに分類されるもの

   給料や保険料など、お店が使った分

 ?収益グループに分類されるもの

   売上や受取手数料などのお店の稼ぎ分

 ?当期純利益
 
   1年間のお店の儲けとして、収益(貸方)の合計から費用(借方)の合計を差し引いた分を当期純利益として表示します。

 ※収益の合計<費用の合計 の場合は当期純損失として表示します。

 

 



ちょこっとレッスン3

(2011年11月17日(木) 15:20)

前の記事

この記事を書いたコーチ

元営業マンの先生とみつける、マンツーマンならではのベストな勉強方法!

ブログ記事 ページ先頭へ