全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験神奈川 楽学・簿記講座 スクールブログ 対策3 予想問...

対策3 予想問題の利用について

皆さんこんにちは(^o^)

今日はどんより曇り空…
何となく暗いですね…

でも皆さんは来るべき日のために
心を燃やされている事だと思うので
天気の暗さをふっ飛ばしましょう!!!

さて、今回は予想問題の利用について
触れたいと思います。

絶対解かなくてはいけないものではありませんが
各専門学校さんや出版社さんが過去の出題を基に
分析して作られている問題なので、解いておくと
本番で面食らうという可能性は低くなる効果があります。

特に時間を2時間と設定して意識しながら
取り組むと、なお、効果的です(^o^)

2時間以内で解ける方は、タイムトライアル方式で
どれくらいのスピードで解けるかを試してみると
当日のシュミレーションにもなります。

当日は練習時間にプラス10分前後を見ておくと
良い目安になります。

専門学校さんで模擬試験を受験された方なら臨場感も
お判りかと思いますが、当日は会場によっては
大人数となる場合が考えられます。

音に敏感な方や圧迫感を感じる方ですと
モチベーションが低下しかねない事態になりますので、
身に付けた知識を出しきれないのはもったいないです。

そこで練習中の純粋な要する時間にプラスαを
加算させて、イメージさせておくと緊張感もほぐれ、
当日もペースを崩さずに解答できます。

また、出題問題によっては設問の解く順番を変えた方が
良い場合もありますから、予想問題を使って解答時間と
解答する順番を決める資料として使用すると効果的です。

もし解く順番や予想問題の使い方でお悩みの方は
ご相談をお受けしますのでお気軽にお申し付け下さい!

寒暖の差が激しいのでくれぐれも
体調を崩されません様、お気を付け下さい!

 

(2011年11月6日(日) 12:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

運送業の経理勤務経験。「継続は力なり」、実践を聞いて合格後をイメージ

楽学・簿記講座
長縄和義 (日商簿記3級試験)

戸塚・桜木町・関内・南太田・上大岡・阪東橋・吉野町

ブログ記事 ページ先頭へ