全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 楽しく!力をつける!簿記スクール スクールブログ 今回はまじめに...

今回はまじめに?

今までは趣味の事しか書いていなかったので、今回はまじめに書きます。

今回は目的についてです。

皆さん学校の授業では、ある言葉やルール、ジャンルの定義を中心に学ばれたと思います。
何々はこれこれという意味だ、等ですね。

では、その言葉やルールは何故生まれたのでしょうか?

当然必要だったからですね。
必要だから生み出された訳です。

つまり、目的があったからその言葉やルールが生まれたんですね。

簿記で例えてみます。

貸借対照表という財務諸表があります。

これは一定時点の財政状態を表すものですね。
これが定義です。

では、何故貸借対照表が存分するかというと、利害関係者が財政状態を知りたいというニーズがあったからなんですね。
これが目的です。

まず目的ありきですよね。

今回のブログで書きたかったことは、定義も大切ですが、目的を理解すると更に力になり、イメージがしやすくなるということです。

なんでも目的が最初で定義がその後ということが多いですよね。

私も、なんのためか?ということを意識して学習していきたいなと心掛けてます。

 

(2011年10月24日(月) 11:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

1級取得のコーチが、問題の解き方から勉強が楽しくなるコツまで伝授

楽しく!力をつける!簿記スクール
原満 (日商簿記3級試験)

東京・新宿・町田・古淵・淵野辺・相模原・茅場町

ブログ記事 ページ先頭へ