全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験神奈川 楽学・簿記講座 スクールブログ 対策2 過去問...

対策2 過去問後の作業について

皆さんこんにちは!

今日から9月に突入!

今年の夏季休暇は如何でしたか?
ニュースでは『海外旅行』や『帰省』が
トップを占めていた様です(^−^)

楽しい夏季休暇があっという間に終わり、
徐々に現実に戻って来た頃かと思います…

そして…
11月簿記検定まで80日となりました。

夏季休暇でリフレッシュできたと思いますので、
元気に検定対策後半戦に入っていきたいと思います。

前回は過去問の使い方について簡単に触れましたが、
今回は過去問後の作業についてボヤいてみます(^O^)

突然ですが…
高校・大学受験を思い出してみて下さい!
アカ本(過去問)を利用した方は勘付くかもしれませんが、
アカ本に目を通した後は合格点を取るために、
どの様な取り組みをしましたか?

アカ本以外の参考書を最低1冊は購入した方が
多いと思います。

もうお解りですかね?(^^ゞ

そうです!
過去の敵(試験)の戦略(出題内容)を確認したら、
今度は敵(試験)の得意技(出題頻度の高い問題)をピックアップして、
その範囲から手を付けていけば、時間の効率もあがりますし、
モチベーションの維持にも効果があります。

しかし、デメリットもあります…
それは、全くの初学者の方には非常に気力が必要になります!
また、一度深みにはまると抜け出すのに時間が掛ってしまいます。

この方法はリスクが高いので初学者の方にオススメはしませんが、
簿記用語や勘定科目の意味を知っている程度の方なら、
一度試してみては如何でしょうか…

もしも学習計画の組み立て方について
お悩みでしたらご相談を賜りますので、
ご遠慮無くお申し付け下さい!

これから暑い日が続きますが、
受験生の皆様はコンディションを整えて、
学習に臨んで下さい!

次回は参考書の選び方と使い方についてお話します。

 

(2011年9月1日(木) 18:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

運送業の経理勤務経験。「継続は力なり」、実践を聞いて合格後をイメージ

楽学・簿記講座
長縄和義 (日商簿記3級試験)

戸塚・桜木町・関内・南太田・上大岡・阪東橋・吉野町

ブログ記事 ページ先頭へ