全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験神奈川 簿記よろず相談所 スクールブログ 前受金

前受金

よろず菅沼です。

前受金に関する論点について
したためます。

前受金って、負債科目です。
お金をもらうのに、負債って違和感あります。

ですが、これはお金を受け取った側に
商品引渡や役務(サービス)提供に関する義務が残っているからなんです。

売掛金の場合を考えると、商品を引き渡したと同時に
債権が発生します。この時点で義務は果たしているんです。

義務を果たしてからお金をもらう売掛金、
お金をもらってから義務を果たす前受金、

という違いです。

125回で出題されました。問題を読み違えると、科目を間違ってしまうリスクもあります。

落ち着いて、取引をイメージしながら解きましょう。

余談ですが、私は為替換算が絡むと、この前受金の項目は
ありがたい存在でした。
他の項目は、ほぼ決算日レートで換算するんですが、
前受金に関しては、取引日レートで換算します。

たまに意地悪問題で、決算日レートを探させる問題があると、この前受金だけは取引日レートで済みますし、採点対象になる事も多く、試験中であれば、攻略に向けた加速スイッチになるんです。

ということで、今回は前受金に関してでしたが、前渡金に関してはどうなるか、勉強中の方は考えてみましょう。

 

(2011年7月3日(日) 5:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

笑顔で必勝法をレクチャー!独学経験を踏まえた噛み砕いた教え方が魅力

ブログ記事 ページ先頭へ