全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 自分に自信がつく簿記スクール スクールブログ 5つの要素

5つの要素

皆さん、GWいかがお過ごしですか?
写真は我が家に咲いたお花です。(花の名前がわかりません(^^ゞ)
外に散歩もよし、勉強も進む(?!)季節ですね。

今日は勘定科目の5つに要素について簡単に書き込みたいと思います。

勘定科目は『資産・負債・純資産・収益・費用』の5つの要素に分類されます。

□資産・・・現金預金、土地や建物などの財産
□負債・・・借入金など後日支払いが必要なもの
□純資産・・・設立時の出資金
     純資金=資産−負債
■収益・・・売上や預金利息など資産が増える要因となるもの
■費用・・・仕入や営業、運営に必要な支出
     利益=収益−費用

□は『貸借対照表(BS)』という会社(商店)の財産状況を表わす表に記載され、
■は『損益計算書(PL)』という会社(商店)の損益の状況を表した表に記載されます。

勘定科目は必ずどこかに属します。
取引を仕訳する時に、その勘定科目がどの要素に属するのかを考えながら仕訳を取ると、
簿記にとって大切な全体像が見えてくると思います。

次回は簿記の一定のルールについてご説明致します!(^^)!

それでは、楽しいGWを~♪

5つの要素

(2011年5月1日(日) 23:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

経理課勤務20年!挫折した方も。あなたの知識の点と点を線で結びます

自分に自信がつく簿記スクール
ramako (日商簿記3級試験)

北千住・綾瀬・青山一丁目・六本木・乃木坂

ブログ記事 ページ先頭へ