全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験埼玉 簿記の勉強お助け塾 スクールブログ 簿記の楽しさ要...

簿記の楽しさ要素~得る為に費やしたもの?~

簿記には数学ではない、パズル的な面白さがあります!
しかも、ただのパズルではなくてそこに理屈があるのです。
私が一番最初に面白い!と思った物なので共感してくれるとうれしいです^^

【単式簿記と複式簿記】
単式簿記と複式簿記。はて?最初は意味が分かりませんでした。

単式簿記は簡単に言えば家計簿。
複式簿記がいわゆる簿記です。

例を挙げて見ましょう。
例題1)
パソコンを近くの電気屋で現金50,000円にて購入しました。

…さて、これを記録してみましょう!

【単式簿記】
答:(パソコン)50,000円
・家計簿で記録するならこんな感じでしょうか。
 人によって家計簿のつけ方は違うと思いますけど
 必要な情報はおんなじはずです。
 「パソコンを50,000円で買った!」という事です。

【複式簿記】
答:(パソコン)50,000(現金)50,000
・こんな感じになります。どういうことなんでしょうか?
 複式簿記の複式というのは家計簿の様なものが
 二列あるから"複式"と考えてください。
 これは家計簿とは違う意味で記録しています。
 
 左:「50,000円分の価値のあるパソコンを手に入れた」
 右:「パソコンを手に入れる為に50,000の現金を使った」
 
 という考え方です。2つの側面から見るということです。
 家計簿のように個人のものではここまでする必要はありません。
 しかし簿記は会社の為のものです。

 会社にはいろんなものがあります!学生の方は学校で思い浮かべてください。

 本棚、机、コピー機とかの備品。
 金庫に入っているお金。
 またはどこかから借りてる借金。 

 まあまずは深く考えずに備品とお金を比べてみましょう。
 これは両方とも会社からすると"資産"。つまり財産ですね。

 だから50,000円価値があるパソコンという資産を得るために
 これを得るために50,000円分のお金という資産を払いました。
 ということです。
 
 パソコンを手に入れたことも記録して…
 お金が減った事も一発で記録できるんです!
 これは会社の人には便利^^


これが簿記の仕訳を"きる"というやつです!
これからもっと複雑な仕訳もきる事になりますが
考え方は基本的にこんなかんじです!

あれれ?と思ったときはこんなかんじで
ビジュアルを思い浮かべてテキストとにらめっこしてみましょう!


レッスンではこんな感じでイメージを大事にして
お勉強をお手伝いいたします!

では今日はこの辺で…では^^ノシ

 

(2011年3月13日(日) 18:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

簿記2・3級同時取得!自己分析~合格のコツまでサポート

簿記の勉強お助け塾
森田隆 (日商簿記3級試験)

池袋・江古田・大泉学園・清瀬・秋津・所沢

ブログ記事 ページ先頭へ