全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験3級講座・スクール

簿記試験3級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記3級試験東京 日商簿記3級合格講座!! スクールブログ 資産について2

資産について2

昨日の続きです。

まずは昨日の復習から。

\100,000のパソコンを買いました。

さぁどうするでしょう。。。

パソコンも「備品」です。

なので

備品100,000/現金100,000

となりますね。

それでは銀行からお金を\9,000をおろしました。

これはお金(現金)が増えて貯金(普通預金)が減るので

現金90,000/普通預金90,000

となります。

大切なことは資産が増えたら左、減ったら右に書くということです。



これらの事例について簿記の用語を使って説明します。

ちょっと難しくなりますが読んでみてください。

まず、↑に書いた取り引きのメモの事を「仕訳」と呼びます。

「仕訳」で左側を「借方」と呼びます。

右側を「貸方」と呼びます。

そうするとこんなような問題になります。

問:銀行の普通預金の口座から現金\9,000をおろした。この時の仕訳を示しなさい。

答:(借方)現金9,000/(貸方)普通預金9,000

このようになります。

ちょっと難しくなってきました。

わからなくなったら「資産について1」のブログから読んでみてください。

明日は資産の中の項目の一つ「売掛金」について説明します。

 

(2010年12月24日(金) 14:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

商科大卒。検定合格に導いた生徒多数の実力派!簿記の面白さもわかる

日商簿記3級合格講座!!
日垣貴裕 (日商簿記3級試験)

立川・西国分寺・北朝霞・吉祥寺・三鷹・国分寺・国立・秋津

ブログ記事 ページ先頭へ