全国7万人が受講している「サイタ」

梅田/大阪駅周辺の日商簿記2級試験対策講座・スクールをプライベートレッスンで探す

梅田/大阪校

初めて簿記2級を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

梅田/大阪駅の日商簿記2級試験対策講座・スクールを探すならプライベートレッスンのサイタ。人気の日商簿記2級試験対策講座・スクールは森昌彦先生の合格者1,000名強輩出!オリジナル・プログラムで合格までサポート!、片岡直貴先生の買掛金?未払金?たくさんの「?」を徹底解消。ゼロからのスタートでも安心などです。現在、4件の日商簿記2級試験対策講座・スクールがあります。

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり3,700円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

教室・レッスン一覧

  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 平日20時以降OK
  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 平日20時以降OK

日商簿記3級検定試験合格おめでとうございます!!。 日商簿記3級は、簿記経理の基礎であり、その基礎を勉強するに当たり個人企業の会......

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 月1回〜OK / 
  • 実務経験あり / 
  • 予備校指導経験あり / 

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 初心者歓迎
  • 平日20時以降OK
  • 初心者歓迎
  • 平日20時以降OK

簿記を勉強したい。 この気持ちがあれば、大丈夫です。 私も6年前は、初心者で初学者でした。 簿記で買掛金と未払金の違いもわか......

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 月1回〜OK / 
  • 実務経験あり / 

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 平日20時以降OK
  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 平日20時以降OK

お小遣い帳のレベルから始めます。 お金の出し入れなら、誰にでも分かりますよね。 簿記は、それに毛が生えたものと思ってください。 ......

体験レッスン感想(3件)

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 月1回〜OK / 
  • 実務経験あり / 
  • 予備校指導経験あり / 

現在、新規の受講生は受け付けておりません

体験レッスン感想(3件)

  • 初心者歓迎
  • 平日20時以降OK
  • 初心者歓迎
  • 平日20時以降OK

日商簿記2級では、工業簿記の内容が含まれています。今まで、学習した3級の商業簿記の内容とは異なり、難しく思われるかもしれません。 ......

現在、新規の受講生は受け付けておりません

  • 月1回〜OK / 
  • 実務経験あり / 

現在、新規の受講生は受け付けておりません

【日商簿記2級の試験対策でするべき3つのこと】
日商2級の試験になると工業簿記が増えます。工業簿記は、工場のように、モノを生産して、販売している企業が運用している会計処理のことです。工業簿記は,工企業に適用される複式簿記であり,銀行簿記や農業簿記などとともに応用簿記の一種です。 工業簿記は一度通してやるだけでは理解が難しいと思います。過去問を何度も解くことで段々理解できると思います。 時間が無いならテキストをさらっと読んで(理解しているかどうかはおいておいて)、過去問を解いているときに解説を読んで理解する(苦手というところは、テキストで復習する)といった具合です。 日商簿記検定2級は商業簿記と工業簿記から出題されます。5問が出題されるのですが、商業簿記が3題、工業簿記が2題というバランスになっています。 まず1問目は仕訳の問題になります。4つ出題されて、配点は各4点。ここは高得点を狙えるところです。過去問題を練習で、高得点が取れるまで、仕訳の論点を反復しておく必要があります。 2問目は伝票や複数仕訳帳簿制度に関する出題です。ここも得点は20点あります。取引から総勘定元帳への転記までの流れをシッカリマスターしていれば、高得点を狙えます。 3問目。ここでは決算や本支店会計が出題されます。精算表や財務諸表の作成についてです。 4問目と5問目は工業簿記に関しての出題になります。ここではいろいろなパターンで出題されてきます。製造間接費の配賦や、製品原価の計算など、工業簿記全体の流れを理解していることがポイントです。配点は40点になります。 試験上は商業簿記60点、工業簿記40点、合計100点で70点以上の得点で合格になります。なので極端な話、商業簿記だけ満点で工業簿記0点の場合は合格しません。 商業簿記は3級取得からの2級受験の方が多いので比較的、得意な方が多いのですが工業簿記は新しい科目なため苦手な方が多いです。 各論点を横断的に理解して、問題に対する応用力を養っていることが大切です。配点は40点ですが苦手にしてしまうと大変なことになりますので高得点を狙うて気持ちで学習するようにすることが大事です。 日商簿記2級からは必ず工業簿記が追加されます。苦手意識を持たず商業簿記と同じように基礎の部分をしっかり理解して問題に対する応用力を養っていってください。

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる