サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 第154回(令...

第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記2級検定試験を受験される皆様へ。本支店会計、連結財務諸表の過去問題を必ず解く様にして下さいね。

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記2級検定試験商業簿記第3問に連結財務諸表の総合問題が出題されました。

今回の連結決算に当たって特徴だったのが、
1.親会社、子会社間におけるたな卸資産に含まれる未実現利益の消去処理
  ⇒今回は、キャッチボールの問題です。
2.未達取引(事項)の修正処理
3.親会社・子会社間で振出が行われた約束手形を銀行で割引し、その手形割引の際
  手形売却損が生じていた事
  ⇒手形売却損を支払利息勘定へ修正する(銀行融資取引)
4.債権債務の相殺消去仕訳を行うに当たって親会社・子会社間で勘定残高が一致し
  ていなかった事
5.売上高と売上原価の相殺消去仕訳を行うに当たって親会社。子会社間の内部取引
  の勘定残高が一致していなかった事
等、これらの処理についてはテキストに掲載されていない内容であったと思いますが、現在の日商簿記2級検定試験では、テキスト・問題集に組み込まれていない内容まで検定試験に出題されています(テキストでは、あくまでも基本がベースになっているため)。

では、出題の仕方とテキストに掲載されている内容と具体的にどこが違うのかを検証するためには、必ず過去問題を解いて相違点を導き出して下さい。

次回の第154回日商簿記2級検定試験では、本支店会計の問題も出題される可能性もあります。
過去に出題された本支店会計(第149回第3問)の問題を必ず解いておいて下さい。
支店勘定残高と本店勘定残高が一致していない原因等、実際に問題を解くことによって実務で生じるタイムラグを問題をといて体験して下さい。

〇〇は前回出題されたから、〇〇は出題回数が少ないから敬遠する・・みたいの受験勉強の仕方は止めて下さい。
現在の日商簿記2級検定試験の受験対策にはなりません(通用しません)。
第154回日商簿記2級検定試験では、第2問に連結財務諸表が出題される可能性が大きいので要注意です!!。

 

(2019年11月25日(月) 1:44)

前の記事

次の記事

新着記事

この仕訳、出来ますか!?(商品売買取引編Ⅱ)。 【問】 運送会社から前月分の運賃の請求書が送られてきたので、小切手を振出して支払った。 請求書の内訳は、商品の購入に関する引取運賃が24,000円、配送費用(得意先負担分)が36,000円であった。 (解答) ...

この仕訳、出来ますか!?(商品売買取引編) 【問】 前期に掛で販売した商品600,000円(原価率:80%)と、当期中に掛で販売した商品500,000円(原価率:75%)が返品された。 なお、前期末に設定した返品調整引当金の残高は200,000円である。 (解答) ...

この仕訳、出来ますか!?(減価償却編Ⅳ)。 【問】 決算において、保有している営業用車両(購入代価:1,200,000円、付随費用:300,000円、残存価額:ゼロ、総走行距離:100,000Km、前期末までの走行距離:44,000Km、当期末までの走行距離:56,000Km、償却方法...

連結財務諸表の受験勉強は、絶対に避けて通ってはいけない!!。日商簿記1級合格を目指すなら!!!。 もし、あなたが日商簿記2級検定試験に合格し、その合格後に日商簿記検定試験の最高峰である日商簿記1級検定試験の合格を目指すなら、日商簿記2級検定試験の受験勉強において連結財務諸表の勉強は決して...

日商簿記試験直前対策コースが、情報交換の場に・・・。これが、また面白い!!。 平成30年11月の日商簿記検定試験(第150回)から、試験2か月前から日商簿記検定試験合格に向けて頑張っている私が担当している各大学講座の受講生諸氏や社会人の方(企業研修等)、それに主婦の方等、一人ひとり対応す...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ