サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 日商簿記2級検...

日商簿記2級検定試験における今後の連結財務諸表の試験対策方法って、どこまで・・???。

日本商工会議所が公表している日商簿記2級検定試験の『商工会議所簿記検定試験出題区分表』に見る連結財務諸表の出題区分には、下記の様な出題区分が公表されています。

【商工会議所簿記検定試験出題区分表~日商簿記2級出題区分抜粋】

第六
連結会計
1.資本連結
2.非支配株主持分
3.のれん
4.連結会社間取引の処理
5.未実現損益の消去
2級では棚卸資産および土地に係るものに限る
  ア.ダウンストリームの場合
  イ.アップストリームの場合

11.連結精算表、連結財務諸表の作成

上記の様な出題区分の公表の仕方で、日商簿記2級検定試験における連結財務諸表の試験対策方法って、どこまで対策をすれば良いのだろうか!?。

確かに、今回(第153回日商簿記2級検定試験)の連結財務諸表の決算問題は実務的で、非常に良く出来た問題である事は確かですが、上記の様な出題区分の公表の仕方で、日商簿記2級検定試験における連結財務諸表の試験対策方法って、どこまで対策をすれば良いのだろうか!?。

例えば、親会社から子会社に部品(10%の利益加算)を販売していて、連結決算時に6,600千円の未達取引(空中在庫)が存在していました。

次に、加工して出来上がった製品を親会社に30%利益を付加して子会社から親会社に販売し、また親会社の期末商品に未実現利益を含んだ商品が在庫として残る。
日商簿記1級検定試験に出題するのなら、この様なキャッチボールの問題はそれ程難しくはありませんが、日商簿記2級検定試験では出題範囲を超越している様な気がしますが・・・。

今回の様な問題を出題するならば、日商簿記2級検定試験範囲改訂時に、本支店会計に見る商品の期末たな卸高に含まれる内部利益(未実現利益の控除)の控除処理、未達処理事項の決算処理、本店から支店へ商品を販売(発送)する際に付加された内部利益を加算した内部取引を、なぜ日商簿記2級の試験範囲に残さなかったか疑問である???。

もし、日商簿記2級試験範囲改訂前の本支店会計の出題内容が、そのまま日商簿記2級検定試験の範囲に留まっていれば、今回の問題は解けたはずである。

今回の連結財務諸表の出題問題では、
① 内部取引の相殺消去
② 債権債務の相殺消去
③ 手形割引における短期借入金への勘定科目振替処理
④ 非償却固定資産の内部利益消去
と、各教育産業で出版されている日商簿記2級テキストに掲載されている学習内容が、今回の試験ですべて出し切ってしまっ感がします。

今後の試験で連結財務諸表の問題を完全制覇しようと思われる方は、先ずは過去問題の本支店会計(日商簿記2級出題範囲改訂前の問題)の問題から着手すると、何が問われているのかが見えてくると思います。

今回の第3問で連結財務諸表の総合決算問題が出だされましたので、第154回での日商簿記2級検定試験では連結財務諸表の出題は無い(??)と思われますが・・・・。

今後の対策としては、
① あくまでも連結財務諸表に立ち向かって勉強するか!!
② 連結財務諸表問題の解答が出来る範囲だけ解答するか!!
③ 日商簿記2級検定試験は、80点満点の試験だと思い、連結財務諸表を除く他の
  単元を100%完璧にし、連結財務諸表の問題を捨ててしまうか
しか対策は無いのではないでしょうか。

次のステップである日商簿記1級へのチャレンジをお考えの方は、絶対に連結財務諸表の問題を捨てずに、真剣に受験勉強に取り組んで下さいね。
日商簿記2級検定試験の連結財務諸表は基本ですので・・・・ね。

 

(2019年11月19日(火) 1:51)

前の記事

次の記事

新着記事

本日(令和元年12月2日(月))より、第153回日商簿記検定試験結果の発表されています(令和元年12月6日(金)12時00分現在)。 いよいよ合格発表も最終局面を迎え、数箇所の商工会議所のみ発表になって来ております。 このままの情況であれば、本日現在の合格率が最終結果(合格率)になるのでは...

いよいよ来週(令和元年12月2日(月))より、第153回日商簿記検定試験結果の発表がされます。令和元年11月29日(金)現在、発表されている商工会議所の合格率を見ていると・・・・。 日商簿記3級の合格率が50%を割って、40%~48%前後の合格率になるのではないでしょうか!?。 合否の...

【速報!!】第153回日商簿記検定試験の現時点で発表されている試験結果は・・・(令和元年11月27日更新)。 第153回日商簿記検定試験の合格発表は、令和元年12月2日(月)から順次合格発表行われますが、数箇所の商工会議所で合否発表が行われています。 ~~令和元年11月27日(水)...

第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記2級検定試験商業簿記第3問の決算問題には、報告式の損益計算書の作成が出題されるのではないかと予想を立てております。 税効果会計が本格的に決算総合問題に出題されたのが、第152回日商簿記2級検定試験の第3問です。 税効果会計を適用した場合...

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記2級検定試験商業簿記第3問に連結財務諸表の総合問題が出題されました。 今回の連結決算に当たって特徴だったのが、 1.親会社、子会社間におけるたな卸資産に含まれる未実現利益の消去処理   ⇒今回は、キャッチボールの問題です。 2.未...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta