サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験東京 ロジック 日商簿記2級試験講座 スクールブログ 簿記2級は何回...

簿記2級は何回受験すれば合格するのか?

「何回受ければうかりますか?」といったご質問をいただくことがあります。
「今回の受験を含めて3回続けてみてください」とお伝えすることにしていますが、その理由は3つあります。
(1)運・不運の波が3回の受験で調整される
(2)3回受験するうちに出題範囲が一巡し、どこかの回で苦手分野を回避することが出来る
(3)モチベーションを維持しながら勉強を続けられる期間の目安が1年程度
(レッスンさせていただいた方には「今回、がんばりましょう」というのが大前提ですが)

ここで唐突ですが、自動車教習所に通わず運転免許試験場で試験を受けた方のブログからの引用をご紹介したいと思います。
’’
ぼくは、府中運転免許試験場の仮免学科試験に1回で合格しました。
(中略)
技能試験では、試験官によって合格率に多少差が出てくると感じました。
1回目の試験のときは、とても厳しい試験官で合格者は10人中2人でした。
2回目の試験のときは、優しい試験官で合格者は10人中6人でした。なので、当日の試験官によって合格率も変わってくると思います。
(中略)
みんな3回受験すれば、仮免技能試験には受かるようです。
’’
普通免許試験全体の合格率が72%であるのに対し、このように教習所に通わず受験する方の合格率は14%であり、合格者数は全体の2%程度に留まっています。

この普通免許試験との関係で簿記2級試験を捉えてみると、以下のような学科試験と技能試験が同時に行われるという意味で、簿記2級は極めて難易度の高い検定試験であるということが言えそうです。
学科試験:簿記・会計のルールに対する理解を問う(交通ルール)
技能試験:問題文から必要な情報を漏れなく誤解なく読み取り、指示にしたがい適切な計算と記述を行うといった実務遂行能力を測る(運転技術)

何を言いたいのか、そろそろお察しいただいた方もいらっしゃるのではないかと思いますが、「教習所に通うこと」が技能試験をクリアするための近道だということです。

簿記3級と簿記2級の間にある壁として、「工業簿記のとっつきにくさ」も
確かにあります。しかし、本質的なところでいうと簿記3級にはなかった「技能試験」の部分に多くの方が苦労されているのではないか、と見ています。

簿記3級の世界では、仕訳を一所懸命書いて斜線で消しながら集計・差し引きした金額を転記するということになっていると思いますが、これはあくまで簿記・会計のルールを手に馴染ませながら理解するためものであり、会計システムが普及した現代の経理実務においてこのような集計・差し引き・転記の作業を手で行うことはあり得ない、という意味においても簿記3級の試験範囲は「学科試験」の範囲に留まっており、このことが簿記3級と2級のギャップにつながっているように感じています。

簿記2級の「技能試験」対策には、助手席の「マンツーマン教官」が必要です。

「何としても一発合格を目指したい」という方、体験レッスンのお申し込みをお待ちしております。

 

(2019年11月17日(日) 18:18)

前の記事

次の記事

新着記事

英オックスフォード大学でAI研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の論文がきっかけとなり、「人が人手で行うような経理の仕事は消滅する」という意味で「将来、経理の仕事はなくなる」といったことが言われ始めてから、もう5年ぐらい経っています。 ここで、経理と財務の違いを確認しておきますが、 ...

「何回受ければうかりますか?」といったご質問をいただくことがあります。 「今回の受験を含めて3回続けてみてください」とお伝えすることにしていますが、その理由は3つあります。 (1)運・不運の波が3回の受験で調整される (2)3回受験するうちに出題範囲が一巡し、どこかの回で苦手分野を回避す...

試験まであと1週間となりました。 「出題予想系」の問題集が気になる方もいらっしゃるのではないかと推察しますが、今、書店に並んでいる版ではなく、第152回以前の回を予想した問題集のアマゾンレビューを一度ご覧になってから購入するかしないかをご検討いただくことをお勧めします。 もう少し早...

日商簿記の3級と2級の間にある壁の一つとして「工業簿記」があるのですが、グーグルの検索結果数で、「世間」の声の大きさを拾ってみました。 "日商簿記2級" 分からない → 約 1,240,000 件 "日商簿記2級" "工業簿記" 分からない  → 約 305,000 件 "日...

読んでいただきたい勉強法の五つ目は、「自学自習を気持ちよく続けるための重要ポイント」です。 気持ちよく勉強を続けるために決定的に重要なのは「集中力」です。 脳神経外科医の林成之先生の著書によると、「集中力」が高まっている状態とは、外から取り込んだ情報に「好きだ」「面白い」「興味深い...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ