サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ さて、この吸収...

さて、この吸収合併仕訳をやってみよう!!(第145回日商簿記2級商業簿記第1問一部補足)。

【問題1】

関西に拠点を築くために大阪商事株式会社を吸収合併し、
新たに当社の株式10,000株(合併時時価5,000円/株)を発行し、
これを大阪商事株式会社の株主に交付した。
その時の大阪商事株式会社の
諸資産は、簿価90,000,000円、時価87,000,000円
諸負債は、簿価33,000,000円、時価34,000,000円 であった。
また、合併に当たっては、取得の対価のうち60%は資本金、残り40%を資本準備金として計上する事とした。

(解答~仕訳~)





【問題2】

関西に拠点を築くために大阪商事株式会社を吸収合併し、
新たに当社の株式10,000株(合併時時価6,000円/株)を発行し、
これを大阪商事株式会社の株主に交付した。
その時の大阪商事株式会社の
諸資産は、簿価90,000,000円、時価87,000,000円
諸負債は、簿価33,000,000円、時価34,000,000円 であった。
また、合併に当たっては、取得の対価のうち60%は資本金、残り40%を資本準備金として計上する事とした。

(解答~仕訳~)









【問題1】

(借方)諸資産  87,000,000/(貸方)諸負債  34,000,000
                   /    資本金  30,000,000
                   /    資本準備金20,000,000
                   /    負ののれん発生益
                              3,000,000

【問題2】

(借方)諸資産  87,000,000/(貸方)諸負債  34,000,000
    のれん   7,000,000/    資本金  36,000,000
                   /    資本準備金24,000,000


大阪商事株式会社は吸収合併により消滅会社になり、当社は取得会社になるため帳簿価額で諸資産、諸負債を受入れるのではなく、時価で受け入れる事に注意して仕訳を行って下さい。

合併の問題は、この他第147回日商簿記2級商業簿記第2問の問1でも出題されています。
数少ない出題ですので、第153回日商簿記2級検定試験で出題されると解けませんので、しっかりと見直しをしておいて下さい。
                   

 

(2019年8月20日(火) 19:59)

前の記事

次の記事

新着記事

第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記2級検定試験の出題範囲(形式)に一部改訂があるかも!?。 まもなく、第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記2級検定試験の日が、刻々と近づいて来ておりますが、受験勉強の方は順調に進んでいますか!?。 あと、僅かな日数になりまし...

第155回(令和2年6月14日(日)実施)日商簿記2級検定試験を受験される独学の皆様へ。受験勉強用の教材は、まだ買わない様にしましょう!!。 受験学校へ行かずに、独学で日商簿記検定試験を勉強されている皆様へ、検定試験の受験情報や出題内容についての情報が入り難いと思います。 その中で、日...

この仕訳、出来ますか!?(商品売買取引編Ⅱ)。 【問】 運送会社から前月分の運賃の請求書が送られてきたので、小切手を振出して支払った。 請求書の内訳は、商品の購入に関する引取運賃が24,000円、配送費用(得意先負担分)が36,000円であった。 (解答) ...

この仕訳、出来ますか!?(商品売買取引編) 【問】 前期に掛で販売した商品600,000円(原価率:80%)と、当期中に掛で販売した商品500,000円(原価率:75%)が返品された。 なお、前期末に設定した返品調整引当金の残高は200,000円である。 (解答) ...

この仕訳、出来ますか!?(減価償却編Ⅳ)。 【問】 決算において、保有している営業用車両(購入代価:1,200,000円、付随費用:300,000円、残存価額:ゼロ、総走行距離:100,000Km、前期末までの走行距離:44,000Km、当期末までの走行距離:56,000Km、償却方法...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ