サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験東京 ロジック 日商簿記2級試験講座 スクールブログ ハンカチ王子は...

ハンカチ王子は何故伸び悩んでいるのか?~あなたの認知特性にあった勉強法とは?(最終回)

スポーツ選手の「特性の可視化」という点では、野球界のトラックマンやランナーのランニングフォーム解析などのほか、サッカーの分野ではプレイヤーがボールに触れた時点のデータを1試合で2,000近くも集めて、実際のプレーと得点の相関性を分析する試みも行われているそうです。

このようなデータ分析の面白いところは、得点チャンスと捉えられてきたコーナーキックやフリーキックは、データ分析ではどちらも得点の可能性に対してマイナスの影響を及ぼすという「定説を覆す」ような結果が出ていることです。

さて、勉強法につながる特性ですが、目で見たり耳で聴いたりして得た情報を脳がどう処理するかという認知特性には、個人差がかなりあるようです。

・文字で読んでもなかなか頭に入らない
・講師の説明を映像として思い出すことができる
・図にしてもらえると分かる
・10分前にテキストで見たはずの仕訳パターンが思い出せない
・差異分析図は描けるがそこから答えを正しく転記できない
・「残り5分」の時間で何が出来るかの見通しが立たない
・丸暗記は意外と得意
・自分で書いた字が読めないことがある
・電卓で3回計算して3回とも違う金額になることがある
・隣の人の電卓の音が気になって集中できない

これらは全て、認知特性の個人差として現れるものですが、どれに該当すると「勉強ができる人」でどれに当てはまらないと「勉強ができない人」ということではありません。

個性を自覚した上で、個性にあった対策を講じることが重要です。

図にすると分かりやすい方は、図解によるレクチャーを受けたほうが効率的ですし、5分間で何が出来るかの見通しが立たず、試験場で残りの5分を有効に使えていないという方は、見通しを立てることのトレーニングを意識的に繰り返し行うことが必要ではないかと思います。

標準的な合格者の勉強法に近づける努力を否定するつもりはありませんが、人生100年時代、社会人としての学びをいかに継続できるかが問われている今、ご自身の特性を一度たな卸ししてみる機会があっても良いのでは、と考えているところです。

「自分のことは自分が一番良く分かってる」ということで、これまでの勉強法と試験場でのパフォーマンスの振り返りをご自身で行っていただだくのがベストであると思いますが、60分の無料体験の中で振り返りのお手伝いをさせていただくことも可能です。(次回のブログで詳細のご案内をいたします)

ある金融機関が「投資信託商品を買う可能性が高い人」というテーマで投資信託購入に関するビッグデータ解析を行った結果、「年収X百万円以上」「株式投資経験あり」など、元々営業現場の経験則として分かっていた購入者像が10パターンほどあるうち、8つについてはデータ解析結果と一致したものの、残りの2つについては経験則に基づくものよりも購入可能性が高い人物像が浮かび上がってきたそうです。

・毎月10万円以上のクレジットカード購入履歴のある主婦
・離婚後6ヶ月以内の男性

主婦の方は「個人での可処分所得が高い」ということかもしれませんが、離婚後の男性でしかも「6ヶ月以内」というのは謎めいていて、条件に当てはまる人を片っ端からインタビューしてみると何かが分かるかもしれませんが、振り返りのお手伝いの際には、こういった意外な発見があるかもしれない「問診表」を活用する予定です。

なお、「ハンカチ王子」いうタイトル付けについては反省・後悔しているところで、吉井コーチの著書の目次には「ハンカチ王子」はもちろん、「斎藤佑樹」という名前すら出てきません。そういったところで目を引こうとされていないことは、お伝えしておきたいと思います。

最後になりますが、斎藤佑樹投手を日ハムのフロント・栗山監督が背番号1を与えて使い続けているのは、あくまで私見ですが、学ぶ習慣が出来ていることと自分自身を客観視できていることの2点が評価されているからなのではないかと見ており、斎藤投手の今後に注目していきたいと思います。

 

(2019年6月17日(月) 1:01)

前の記事

次の記事

新着記事

読んでいただきたい勉強法の五つ目は、「自学自習を気持ちよく続けるための重要ポイント」です。 気持ちよく勉強を続けるために決定的に重要なのは「集中力」です。 脳神経外科医の林成之先生の著書によると、「集中力」が高まっている状態とは、外から取り込んだ情報に「好きだ」「面白い」「興味深い...

読んでいただきたい勉強法の四つ目は、「やる気が長続きする勉強法」です。 以下、「資格スクエア」代表鬼頭氏の著書の記述をヒントに、私なりの見解を述べます。 鬼頭氏は、著書の中で「監視」「競争」「危機感」「承認」を勉強のプロセスに組み込むことが重要であると述べています。 しかし、...

読んでいただきたい勉強法の三つ目は、「教科書と参考書 徹底活用学習術」です。 以下、「資格スクエア」代表鬼頭氏の著書の記述を元に、この点に関するエッセンスをまとめてみました。 ・効率よく合格する人の勉強法 - 合格する人は、自学自習を基本に、分からない部分だけ補助的に講義を受講す...

読んでいただきたい勉強法の二つ目は、「100点とる人は合格できない!?」です。 以下、「資格スクエア」代表鬼頭氏の著書の記述を元に、この点に関するエッセンスをまとめてみました。 ・合格点を取るため勉強法 - 「絶対にやるべきこと」だけに集中し、「やっておいた方が良い」程度のことは...

読んでいただきたい勉強法の一つ目は、「勉強の本質は自学自習にあり」です。 以下、「資格スクエア」代表鬼頭氏の著書の記述を元に、この点に関するエッセンスをまとめてみました。 ・最も効率よい勉強法 - 講師の話を2時間、3時間と聞いているのはとても効率が悪い - 自分では理解できな...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ