サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 第152回(2...

第152回(2019年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第8弾!!。やっぱり連結財務諸表は出題されるだろうか!?。

第152回(2019年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第8弾!!。やっぱり連結財務諸表は出題されるだろうか!?。

第151回日商簿記2級検定試験第3問で出題された連結財務諸表の問題、出題傾向として日商簿記2級検定試験のレベルを遥かに超えており、かつ理解し難い事業年度の表現。
どれをとっても日商簿記2級検定試験で出題しても良い問題とは、今でも思われない。

では、
第152回日商簿記2級検定試験では連結財務諸表は出題されるのであろうか!?。
私は出題してくると思います。

商業簿記の出題は、第1問、第2問、第3問の3形態による出題が行われています。
第3問の様に総合問題、第1問の様に仕訳問題、第2問の様に個別総合形式の問題と様々な角度で商業簿記は問題が作成可能な形式になっています。

第152回日商簿記2級検定試験では、第2問の個別総合形式の問題で出題されると考えています。
おそらく、支配従属関係が成立した2年目の資本連結仕訳が出題されると予想しています。

そして、抱き合わせ(カプリング)の問題としては、会社合併、またはリース会計です。
特に、リース会計の問題では、複数の有形固定資産について、オペレーティング・リース、ファイナンス・リース(利息込み法、利息除外法の両者)で契約を行っている様な問題です。

この複数の有形固定資産と言うのは、今までの出題傾向は、備品A、備品B、備品Cと言う様な形で1種類の有形固定資産であったが、複数の有形固定資産と言う表現は、備品についてはファイナンス・リース(例えば、利息込みで処理を行う方法)、車両については利息を除いた会計処理を行うファイナンス・リース、機械装置につてはオペレーティング・リースを採用している、と言う様な奇抜な問題が出題されるかも。

余裕が取れるこの時期だからこそ想定外の問題を解いておいて下さい。
理解する事が出来なければ、理解出来るまでとことん見直しをして、自分の頭の中に落とし込みをしておいて下さいね。

今回の見直しポイントは、
① 連結財務諸表全般
② リース会計
③ 有形固定資産の減価償却の問題 です。

もう、第8弾まで来ていますので、工業簿記の論点は学習済みだと思います。
本日の3単元は非常に時間が掛かりますので、じっくり問題とにらめっこをして合格ラインまで引き上げておいて下さいね。

では、頑張って下さい。

ちなみに、当『めざせ日商簿記2級合格講座』では、複数の同一問題を比較して
① 解答の違い
② 出題の目的
③ 要求されている解答の導き出し方
等を伝授しながらレッスンを進めて参ります。
第152回日商簿記2級検定試験受験向き講座は、あくまでもリベンジを目的として受講される方のみを対象にしています。

よろしくお願いします。

 

(2019年3月25日(月) 2:40)

前の記事

次の記事

新着記事

夢のような(いや、夢ではない)10連休であるGWが、今週末からやって来る!!。しかし、その後に・・・。 そう、 GWが終わるのが、5月6日(月)。 第152回日商簿記検定試験が実施されるのが、6月9日(日)。 GWが明けてしまうと1か月と2日で試験前日を迎えることになる。 受験す...

第152回(令和元年年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第10弾として気を付けなければならないのは、平成30年4月1日から開始する事業年度から適用される税効果会計の貸借対照表です。 第3問の決算問題で貸借対照表を作成する問題が出題された場合、あるいは第2問の個別問題が出題された...

キャッシュ・カードやクレジット・カードの事って、皆さん知ってますか!?。 間もなく『平成』が終わり、新たな時代『令和』がやって参ります。 巷では、詐欺が横行しておりますが、簿記の勉強をしている皆様、キャッシャ・カードやクレジット・カードの事、詳しい事知っていますか。 当然、試験には出...

第152回(令和元年6月9日(日)実施)日商簿記検定試験の申し込みが、4月8日(月)から始まっています!!。 受験会場によって申し込み開始時期が異なりますので、自分が受験する商工会議所のHPで詳細を確認して下さい。 ネット申し込み、振込み申込み、書店申込み、直接窓口申込みと、申し込み方...

第152回(令和元年年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第9弾!!。本支店会計って重要!?。 第149回日商簿記2級検定試験第3問に、忘れていた本支店会計の問題が久しぶりに出題されました。 第151回日商簿記2級検定試験第3問と同様に盲点を突かれた感じの出題でしたが、第1...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta