サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 第152回(2...

第152回(2019年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第4弾

さて、第152回(2019年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第4弾として、今回は本社工場会計についてリベンジ学習方法を見て行きましょう。

過去に出題された本社工場会計は、第141回、第147回の第4問、工業簿記の問題として出題されております。

出題内容は、仕訳問題で、それほど難易度が高い問題ではありません。
基本的な本社と工場の分離した仕訳が出来るか否かを問う問題です。
一度解いてみて下さい。

では、本社工場会計の独立が出題された場合に、何が問われるのか!?。
① 先ずは、製品勘定が本社と工場の両者に設定されているのか否か。
② 製品勘定は、本社のみに設定されているのか!?。
③ 製品勘定が工場のみに設定されているのか否か。
当然、製品が販売された場合のそれぞれの仕訳の有無が問われますので、しっかりと見直しをしておいて下さい。

次に、近未来に本社工場会計が出題された場合に、何が問われるのでしょうか。
過去の問題は、労務費(賃金)、製造間接費については、予定賃率、予定配賦率で原価計算されておりますが、差異にの仕訳まで要求されていたのは、第147回の製造間接費のみです。
ただし、製造間接費の配賦(原価)差異のみです。
近未来の出題では、予定で計算されている以上は、それぞれの差異分析の仕訳が問われてくるかもしれません。

実際原価計算による差異分析が完璧に解ける様に見直しをして下さい。
これが本社工場会計の応用になるかもしれません。

この範囲の出題内容は、日商簿記1級のレベル範囲ではありません。

 

(2019年3月13日(水) 11:39)

前の記事

次の記事

新着記事

第152回(令和元年年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第10弾として気を付けなければならないのは、平成30年4月1日から開始する事業年度から適用される税効果会計の貸借対照表です。 第3問の決算問題で貸借対照表を作成する問題が出題された場合、あるいは第2問の個別問題が出題された...

キャッシュ・カードやクレジット・カードの事って、皆さん知ってますか!?。 間もなく『平成』が終わり、新たな時代『令和』がやって参ります。 巷では、詐欺が横行しておりますが、簿記の勉強をしている皆様、キャッシャ・カードやクレジット・カードの事、詳しい事知っていますか。 当然、試験には出...

第152回(令和元年6月9日(日)実施)日商簿記検定試験の申し込みが、4月8日(月)から始まっています!!。 受験会場によって申し込み開始時期が異なりますので、自分が受験する商工会議所のHPで詳細を確認して下さい。 ネット申し込み、振込み申込み、書店申込み、直接窓口申込みと、申し込み方...

第152回(令和元年年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第9弾!!。本支店会計って重要!?。 第149回日商簿記2級検定試験第3問に、忘れていた本支店会計の問題が久しぶりに出題されました。 第151回日商簿記2級検定試験第3問と同様に盲点を突かれた感じの出題でしたが、第1...

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記2級検定試験受講生の募集を開始致します!!。 この時期から初めて日商簿記2級検定試験受験を目指して受験勉強を開始しても、令和元年6月9日(日)実施の第152回日商簿記2級検定試験の受験には追いつきません(毎週3日、1日あたりの受講時間が...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ