サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 第152回(2...

第152回(2019年6月9日(日)実施)日商簿記2級リベンジ対策第1弾!!。

第151回日商簿記2級検定試験では想定外の問題が出題されて落ち込んでいる人や、心が折れて、もう日商簿記2級の受験はあきらめた、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
が、そんな沈みぱなしの心では、日商簿記2級の資格は取得出来ませんぞ!!。

合格証書を手に入れるためには、第152回日商簿記2級検定試験合格への熱い心を取り戻して、早く燃え始め(挑戦する意欲を湧き立て)ないと、みんなから置き去りを食らってしまいますぞ!!。

では、リベンジに挑戦するためには、何から勉強を始めようか!?。
第151回の出題予想を行った中で出題されなかった単元が標準原価計算である。

標準原価計算は、過去の出題では第4問の工業簿記として出題されたり、第5問の原価計算の問題として出題されています。
過去の出題内容では、標準原価計算の記帳方法である、シングル・プランかパーシャル・プランの記帳に絡めた問題で、原価差異の分析は材料費の差異分析と労務費の差異分析しか出題されていません。

第151回の第4問で出題された問題では、1箇所だけであるが補助部門費配賦差異の算出まで試験に出題されています。

これを考えると、次に標準原価計算の問題が出題されるとするならば、製造間接費配賦差異の差異分析(予算差異、操業度差異、能率差異)が出題されてもおかしくないと考えています。

この余裕のある時期に、標準原価計算の製造間接費配賦差異の分析(3分法)が確実に解ける様に勉強をしておきましょう!!。

では、早く立ち直って、リベンジに向かって走り出しましょう!!。

 

(2019年3月12日(火) 1:22)

前の記事

次の記事

新着記事

本日(令和元年12月2日(月))より、第153回日商簿記検定試験結果の発表されています(令和元年12月5日(木)10時00分現在)。 いよいよ合格発表も最終局面を迎え、数箇所の商工会議所のみ発表になって来ております。 このままの情況であれば、本日現在の合格率が最終結果(合格率)になるのでは...

いよいよ来週(令和元年12月2日(月))より、第153回日商簿記検定試験結果の発表がされます。令和元年11月29日(金)現在、発表されている商工会議所の合格率を見ていると・・・・。 日商簿記3級の合格率が50%を割って、40%~48%前後の合格率になるのではないでしょうか!?。 合否の...

【速報!!】第153回日商簿記検定試験の現時点で発表されている試験結果は・・・(令和元年11月27日更新)。 第153回日商簿記検定試験の合格発表は、令和元年12月2日(月)から順次合格発表行われますが、数箇所の商工会議所で合否発表が行われています。 ~~令和元年11月27日(水)...

第154回(令和2年2月23日(日)実施)日商簿記2級検定試験商業簿記第3問の決算問題には、報告式の損益計算書の作成が出題されるのではないかと予想を立てております。 税効果会計が本格的に決算総合問題に出題されたのが、第152回日商簿記2級検定試験の第3問です。 税効果会計を適用した場合...

第153回(令和元年11月17日(日)実施)日商簿記2級検定試験商業簿記第3問に連結財務諸表の総合問題が出題されました。 今回の連結決算に当たって特徴だったのが、 1.親会社、子会社間におけるたな卸資産に含まれる未実現利益の消去処理   ⇒今回は、キャッチボールの問題です。 2.未...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ

日商簿記2級試験情報

サイタの日商簿記2級試験講師がブログを通して、日商簿記2級試験情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

日商簿記2級試験の先生

@Boki2Cyta