サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 めざせ日商簿記2級合格講座 スクールブログ 第150回(平...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記2級試験対策(第3問/商業簿記対策編)!!。

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記2級試験対策(第3問/商業簿記対策編)!!。

第150回日商簿記2級検定試験まで1か月弱となってきました!!。
前回、『日商簿記2級試験対策/工業簿記編』をブログで書きましたが、もう見直しはしてくれていますか!?。

今回は、『日商簿記2級試験対策/商業簿記編』として第3問の出題傾向を分析ましたので、参考にして下さい。

この時期であれば、まだ広範囲での学習が可能ですので、しっかりと身に付ける様に頑張って下さいね。

【出題予想】
1.精算表(第141回、第144回、第146回出題)
2.財務諸表(第138回、第139回、第142回、第145回)←貸借対照表の作成
      (第140回、第143回、第147回)←損益計算書の作成
3.連結財務諸表
4.製造業会計

【出題の趣旨】
1.精算表の出題は、財務諸表の作成と交互に出題されている形になっています。
  ここしばらくは出題がございませんので、そろそろつ言っ感じがしますので、必ず
  2回は解きなおしておきましょう。

2.財務諸表の出題予想は、損益計算書、及び貸借対照表の両者を作成する問題は、時
  間的に無理がありますので、今回出題されるとしたならば、今回は貸借対照表の作
  成が濃厚と思われます。
  何れにしても、精算表、損益計算書、及び貸借対照表は、全問2回は解いておいて
  下さい。
  理由は、仮に精算表の出題予想が当たっても、貸借対照表の作成問題が出題されて
  も、決算修正仕訳が出来なければ何の意味もありませんので、決算修正仕訳の練習
  と思って解いて下さい!!。

3.連結財務諸表は、第148回に出題されましたが、今回出題されるとしたならば、
  連結財務諸表の損益計算書、及び貸借対照表の作成が出題されるかもしれませんの
  で、この辺りも、しっかりと見直しをしておいてください。

4.製造業会計も試験範囲に組み込まれておりますが、まだ出題はございませんが、前
  回(第149回)久しぶりに(しばらく出題されていなかった)本支店会計が出題
  されましたので、もしも財務諸表の作成問題が出るとしたならば、製造業の財務諸
  表の作成問題が出題される可能性もございます。
  出題範囲に改訂されているのに1度も出題がないって事は、もしかして初登場(デ
  ビュー)として今回出題されるかもしれません。

この時期は、まだいろんな問題を解く時間的余裕がある時期ですので、残り1か月悔いのない様に、受験勉強に没頭致しましょう(1日1時間から2時間ぐらい)。

では、日商簿記2級検定試験に合格出来る様に、お祈り致します。

 

(2018年10月19日(金) 1:50)

前の記事

次の記事

新着記事

なぜ、簿記検定試験の合格率が上がらないのか!?。それは、答案練習会の重要性を理解していないからだ!!。 いくら上手い授業のレッスンを受講しても、いくら良い教材で勉強しても、本番の検定試験の問題が解けなければ合格する事は出来ない!!。 では、なぜ合格率が上がらないのか!?。 そ...

第150回日商簿記検定試験まで、あと2日!!。絶対に弱気になるな!!。 次の検定試験に向けて頑張ろう!!、なんて、弱気になっては駄目だ!!。 ここまで費やした時間を無駄にしてはいけない!!。 絶対に、すべり癖を作ってはいけない!!。 ここで弱気になると、次の検定試験目前...

いよいよ来週日曜日が、第150回日商簿記検定試験です。 季節は少しずつ冬に近づいて来ています。 試験会場によっては、暖房の調整が上手く行かない会場があり、受験会場の一室に大勢の受験者が集まって部屋自体が暑くなったり、暖房が入らずに寒い会場が有ったりします。 試験中に体温調整が出来...

第150回(平成30年11月18日(日)実施)日商簿記検定試験を受験される方へ。 日商簿記検定試験合格後、進級を考えておられる皆様へ、下記の日程で各講座の受講を受付いたしますので、受講ご希望の方は、是非、体験レッスンにお申込み戴き、今後の受験スケジュール(シラバス)の確認をしたいと思いま...

『めざせ日商簿記2級合格講座』では、第150回日商簿記検定試験後、第151回(平成31年2月24日(日)実施)日商簿記2級受験コースの受講生募集を開始致します!!。 下記の条件に1つでも当てはまる方。 【はじめて日商簿記2級を受験される方へ】 1.週3回受講できる方(1回のレ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ