サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験東京 ゼロからでも狙える日商簿記2級講座 スクールブログ 148回の試験...

148回の試験を踏まえて、独断と偏見で各問ごとの今後の予想と対策を語る

こんにちは。日商2級講師の田中です。範囲の改訂により商業簿記がどんどん難しくなってますね。今回の試験を踏まえて今後の傾向と対策を独断と偏見で語りたいと思います。

試験はとにかく得点の最大化が重要です。そのためには簡単な問題を確実に正答し、難しい問題に時間をかけないようにする必要があります。
本試験では必ず簡単な問題から解き始めるようにして下さい。近年の日商簿記2級の傾向で言えば、工業簿記、仕訳問題が比較的易しい傾向にあるので、工業簿記→第1問→第2問→第3問の順番です。

第1問 仕訳問題
比較的点数の取りやすい問題が多く出ると考えられます。今回程度の難易度であればなるだけ完答したいところです。ただし、仕訳問題はたまに「誰も出来ねえよ!!」という問題が出題される事があるので、テキストベースの学習と予想問題等をやった上で解けない問題は気にしないようにしましょう。

第2問 個別その他論点
過去の本試験では、個別論点(銀行勘定調整表・株主資本等変動計算書・固定資産・有価証券・商品売買など)や伝票会計などが出題されています。伝票会計は対策を取れば満点を狙える問題になることが多いのですが、5伝票制が範囲から外されたことを考えると今後は個別論点が出題される可能性の方が高いと踏んでいます。残念ですね。銀行勘定調整表や株主資本等変動計算書の問題は取りやすいことが多いのですが、今回のような有価証券や商品売買などは難易度が高くなる傾向にあります。場合によっては捨てる勇気も必要な領域なので、ある程度知識が固まったら実践問題を解いて何が出来るべきで何が出来なくて良いのか見極められるようにしましょう。

第3問 総合問題
2度目の出題でいきなり連結精算表を聞いてきていることを考えると、今後も第3問の総合問題で連結が問われる可能性が高いと思います。総合問題を完答する必要は全くないので、いかにして部分点を拾うかを常に意識して下さい。総合問題で重要なのは問題を頭から最後まで解くことではなく「得点の最大化」を目指してなるだけ多くの部分点を拾うことです。そのためには、減価償却費や売上原価、のれんや非支配株主持分などの点数がふられる可能性の高い項目を出すためには何が必要なのかを意識しながら学習するようにして下さい。

第4問、第5問 工業簿記
工業簿記は近年の傾向として簡単な問題が出題されることが多くなっています。商業簿記の難易度が高くなっている分、工業簿記は確実に高得点をとっていきたい領域と言えます。基本的には本試験では最初に解き始めるようにして下さい。(ただし突然難化する事があるのが本試験なので、もしそういう回に当たってもパニックにならないで下さい。そういう場合は他の人も出来ません。)
工業簿記は理屈というより問題を解いて慣れる事が重要なので、早い段階で実践問題を繰り返し解いて、解法を身体に覚えさせて下さい。

 

(2018年2月27日(火) 15:02)

前の記事

この記事を書いたコーチ

コツを掴んでサクッと合格!最小の労力で最大の効果を出す勉強法とは

ゼロからでも狙える日商簿記2級講座
田中俊太郎 (日商簿記2級試験)

新橋・新宿・高田馬場・池袋・巣鴨・上野・秋葉原・神田・御茶ノ水・神保町

ブログ記事 ページ先頭へ