サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 なおきの日商簿記2級試験講座 スクールブログ 連結会計と本支...

連結会計と本支店会計の違いって⁈(3)

皆さん、こんにちわ️(^^)
毎日、寒いですねぇ〜(-。-;
風邪には、気をつけて行きましょう!
\\\\٩( 'ω' )و ////

では早速、前回の続きを話していきます。
前回は、会計処理がほぼ同じ
というところまででした。
それで、違いは?

はい、違いは何と言っても
『連結修正仕訳』です
何のこっちゃ?
って感じですよねー(*´Д`*)
結論から言ってしまうと
本支店会計は利益を繰り延べるけど、
連結会計は利益を消去しちゃいます

例えば、本支店会計の内部利益の調整ですと
決算振替仕訳として、まずは照合勘定の相殺から
本店 ×××//支店 ×××
支店売上 ×××//本店仕入 ×××
そして、
繰延内部利益 ×××//繰延内部利益戻入 ×××
繰延内部利益控除 ×××//繰延内部利益 ×××
という仕訳を切ります。
よって、合併B/Sの貸方側に
繰延内部利益として計上されます。

しかし、連結会計は、未実現利益の調整ですと
連結修正仕訳として、まずは当期の
親子間取引を相殺消去します。
売上高 ×××//売上原価 ×××
そして、
利益剰余金当期首残高 ×××//売上原価 ×××
売上原価 ×××//商品 ×××
という仕訳を切ります。
よって、合算した金額から消去金額を
マイナス(又はプラス)するので、本支店会計のように
利益を繰り延べません。

以上が
連結会計と本支店会計の違い
となります。
他にも会計処理があるので
今回は、あくまで一部となります。
ちなみに今回紹介した連結会計の処理は
『成果連結』と言います。

次回は、連結会計の1番大切な
親会社と子会社の関係になる時の仕訳である
『資本連結』の話をします。
次回もよろしくお願いします️(^^)

※※※連結会計や本支店会計について、
もっと知りたい︎と思った方は、ぜひ
なおきの日商簿記2級試験講座まで!d(^_^o)※※※

 

(2017年12月16日(土) 16:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

買掛金?未払金?たくさんの「?」を徹底解消。ゼロからのスタートでも安心

なおきの日商簿記2級試験講座
片岡直貴 (日商簿記2級試験)

梅田/大阪・天王寺・新今宮・京橋・弁天町・野田・天満・森ノ宮・玉造・鶴橋・大阪天満宮...

ブログ記事 ページ先頭へ