サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 眞司の日商簿記2級試験講座 スクールブログ これが本当の本...

これが本当の本当のラストチャンスです。簿記2級の受験は今年度(H29年11月、H30年2月)が狙い目!

■今年度合格を目指している方へ
いよいよ次回(11月19日(日))の試験から連結会計が商業簿記の出題範囲に組み込まれます。


但し、税効果会計は平成30年6月から出題されることになっていますので、今後2回の試験は税効果会計がない分来年度6月以降受験するよりは負担が少ないと思います。

さらに連結会計のうちアップストリーム取引(子会社から親会社に固定資産等を売却する取引)及び製造業を営む会社の決算処理も平成30年6月から出題されることになっていますので、少しだけ今よりは難しくなります。


税効果会計は他の項目と比較してボリュームが大きく内容も比較的難しいため、これが試験範囲に含まれない場合はかなり学習時間が少なくて済みます。


前回の受験で涙をのんだ方も初めて受験する方にとっても今年度の受験は平成30年6月以降の受験と比べて比較的合格へのハードルが低いと思います。


次回や次々回合格を目指している方で余り勉強が進んでいない方はご連絡下さい。
あまりよくわからない部分のみのレッスンも可能です。

一度、日商簿記検定試験2級にチャレンジしてみませんか。


■平成30年6月合格を目指している方へ

合格を急がない場合はむしろ平成30年6月以降のフルメニューの範囲で勉強した方が実務には役に立つと思います。

今から勉強をスタートする場合、個人的にはその時期に合わせて合格を目指した方が余裕を持って受験できますし、世間からの評価も高くなると思います。

 

(2017年10月28日(土) 17:20)

前の記事

この記事を書いたコーチ

会計税理士事務所を開業。勤勉で説明の得意な明るいコーチ!

新着記事

■今年度合格を目指している方へ いよいよ次回(11月19日(日))の試験から連結会計が商業簿記の出題範囲に組み込まれます。 但し、税効果会計は平成30年6月から出題されることになっていますので、今後2回の試験は税効果会計がない分来年度6月以降受験するよりは負担が少ないと思います。 ...

いよいよ次回(6月11日(日))の試験から下記の通り商業簿記の出題範囲が大幅に増加します。 1.リース会計 2.外貨建取引 3.圧縮記帳 4.連結会計 5.課税所得 但し、連結会計は11月19日(日)から出題することに変更されていますのでご安心ください。 詳細は下記をご参照下...

今年度の試験(6月12日(日))から日商簿記検定2級の出題範囲が変更されており今後3年間にかけて順次変更されていきます。 工業簿記の出題範囲の変更はないですが、商業簿記は大幅に出題範囲が増加(1級から降りてくる項目が多い)します。 このため、2級に合格すればかなり大手の会社でも実務で役...

次回の日商簿記2級の試験日は6月11日(日)です。 ■社会人の方へ 現在、試験まで2ケ月以上の期間がありますので、新規受験の方でも祝祭日に自由な時間をとれ、3級合格済の方は十分合格レベルまでもって行くことができると思います。 ところで昨年から2級の試験範囲の大幅見直しが行われ...

■いきなり日商簿記2級試験合格は可能か? 結論から言えば2~3ケ月集中する時間のある方は可能だと思います。 通常、3級に4週間程度時間をかけて取り組み、簿記の基礎作りをしてから 1~2ケ月程度で2級をマスターすることは可能だと思います。 アルバイトをたくさんしていない学生の...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、日商簿記2級試験レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ