全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験奈良 しんちゃんのサクッと合格日商簿記2級講座 スクールブログ 第146回日商...

第146回日商簿記2級本試験の総評

 皆さんこんにちは!サイタ簿記講師の泉岡です。

 梅雨入り宣言され、これから雨の多い季節に入りますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は1年の季節の中で梅雨が一番大嫌いですが、めげずに日々仕事と勉学に励んでおります…^^;

 さて、第146回日商簿記検定が終わり一週間が経過しようとしておりますが、いよいよ週明けには各地の商工会議所で合格発表が行われます。
発表を楽しみにしておられる方、今回はちょっと自信が無い方、人それぞれでしょうが合格するにしろ、しないにしろ自身が受験した本試験を見直すことは将来大きく飛躍するためには必要なことですので、必ず見直しをして下さいね。

 本日は、第146回日商簿記2級の本試験を少し触れて行きたいと思いますが、その前に…

 近年、日商簿記2級の本試験は非常に難易度が高く、合格するには結構頑張らないと合格できないレベルにまで上がって参りましたが、今回実施された第146回の日商簿記2級試験は、大きな節目と云う事もあり【比較的やさしくて素直な問題】が出題されたのではないかと個人的には感じております。

 大きな節目…そう今回の試験を最後に2級の本試験は大きく変わります…^^;
何が大きく変わるかと言うと…次回の第147回本試験から商業簿記で【連結会計】が出題の範囲として加わります。
【連結会計】はこれまで日商簿記1級の範囲とされていましたが、次回からは2級でも出題されることとなります。
これにより相当量の勉強時間の増加、試験の出題傾向(特に第3問総合問題)に大きく影響を与えて来るのではないかと予想されます。
恐らく近年の株式会社の企業実態と実務の実態を埋めるためだと思いますが、この出題範囲改正は受験生にとっては相当な負担になることと個人的には感じております。

 少し話しが脱線致しましたが、今回の第146回日商簿記2級の本試験を少し触れて行きましょう。今回出題された大まかな内容は以下の通りです。


 第1問 いつも通りの仕訳5題
 第2問 現金と銀行勘定調整表(銀行残高基準法)
 第3問 精算表
 第4問 標準原価計算の勘定記入(シングルプラン)と材料の差異分析
 第5問 単純総合原価計算(評価額なしの終点で仕損あり)


 とまぁ~今回は大まかにはこんな感じの出題でしたが、いずれの問題も問題文自体も非常に読み解き易く素直な問題で、近年稀に見る【良問】だったと感じております。

 強いて言うなら第4問の標準原価計算の勘定記入が、滅多に出題されないシングルプランだったことが少し引っ掛かりますが…^^;

 詳しい解説は割愛致しますが…以下、最低欲しい点数を記載致します。
(なお、採点箇所と配点は非公開ですので、目安とお考え下さい)


第1問 16~20点
 ボンミスを考慮に入れて16点以上です。
 新論点の【圧縮記帳】が出題されていましたが、テキストの基本例題レベルの仕訳問題でしたので、取りこぼしの無いようにしたいところ…

第2問 14~20点
 現金の問題は3級レベルなので確実に取って欲しいところ…
 銀行勘定調整表は今回、銀行残高基準法で出題されていましたが、【両者区分調整法】で考えれば、B/S価額も銀行勘定調整表も容易に解答を導き出せるので、ボンミスを考慮に入れて14点~です。

第3問 14~20点
 建設仮勘定の整理⇒減価償却 仮払金の整理⇒退職給付引当金 など、問題の↑の方で処理した内容が決算整理事項に影響を与える箇所がいくつかあったので、注視していないと落としてしまう部分を考慮に入れて、14点~です。
 また、新論点の【外貨換算】もありましたが、これもテキストの基本例題レベルの問題でしたので、取りこぼしの無いようにしたいところ…

第4問 12~20点
 標準原価計算の勘定記入は、パーシャルプランでの記入は皆さん慣れたものだと思いますが、今回【シングルプラン】で出題されたので、この辺りを考慮に入れて、12点~です。
 しかしながら、解答用紙の各勘定には相手勘定科目が予め印字されていたので、材料勘定上で差異を把握することは容易に判断出来たかと思うので、それほど迷うところではないかと思います。

第5問 20点
 ここは確実に20点を狙って欲しいところ…
単純総合原価計算で仕損ありの問題でしたが、【終点発生】で【仕損の評価額なし】と、基本的な出題であったことで容易に満点をとることが可能です。


 よって、合計76~100点での合格が理想ラインではないでしょうか?
おおよそこんな感じではないかと思います^^;

 今回上記点数に到達しなかった方は、いろいろと要因はあるでしょうが、しっかりと見直しをして頂けたらと思います。


以上…一講師のつぶやきでした(・∀・)

 

(2017年6月17日(土) 19:57)
この記事を書いたコーチ

計算が苦手な人にこそお勧め!解らない人の気持ちが誰より解るアツい先生

しんちゃんのサクッと合格日商簿記2級講座
泉岡伸也 (日商簿記2級試験)

桜井・田原本・新ノ口・大和八木・畝傍御陵前・橿原神宮前・大和高田・榛原

ブログ記事 ページ先頭へ