全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 眞司の日商簿記2級試験講座 スクールブログ 簿記2級の受験...

簿記2級の受験は今年度(H28年11月、H29年2月)が狙い目

今年度の試験(6月12日(日))から日商簿記検定2級の出題範囲が変更されており今後3年間にかけて順次変更されていきます。
工業簿記の出題範囲の変更はないですが、商業簿記は大幅に出題範囲が増加(1級から降りてくる項目が多い)します。

このため、2級に合格すればかなり大手の会社でも実務で役に立つのではないかと思われます。
しかし、恐れることはありません。

今年度は下記の通り出題範囲が増加しますが、比較的難しいリース取引、連結会計、外貨建取引、圧縮記帳、税効果会計はまだ出題(29年度以降順次出題)されませんので受験するなら今年度が狙い目です。

また、下記の通り出題されなくなる項目も多くありますのでご安心ください。

前回の受験で涙をのんだ方も初めて受験する方にとっても今年度の受験は2年後の受験と比べて比較的合格へのハードルが低いと思います。

商業簿記は29年以後はおそらく現在と比べて1.5倍~2倍程度に必要学習時間が必要になると思われます。

尚、前回受験された方は面倒でもテキストは買い換える必要がありますのでご留意ください。

<出題されなくなる項目>
1.為替手形
2.荷為替手形
3.割引手形及び裏書手形の偶発債務
4.繰延資産
5.社債
6.特殊商品売買
7.本支店会計(未達取引・内部利益)
8.伝票会計
9.特殊仕訳帳
10.大陸式決算法

特に1、2、6~10は、2級の中では比較的ややこしい項目で受講生の方がよく間違っていた分野です。
尚、7の本支店会計は出題されなくなるのではなく( )の項目を除いて出題されるという意味です。

<28年度新たに出題される項目>
1.理論問題(○×、穴埋め)
2.クレジット売掛金
3.電子記録債権・債務
4.個別評価貸倒引当金
5.貸倒引当金繰入のPL表示区分(販管費・営業外費用)
6.販売の都度売上原価を振替える方法
7.有形固定資産の割賦購入(利息区分は定額法)
8.ソフトウエア
9.有価証券(子会社株式、関連会社株式、その他有価証券)
10.その他有価証券の償却原価法(定額法)
11.その他有価証券評価差額金(全部純資産直入法)
12.株主資本の減額処理
13.その他(収益費用の認識基準等)

上記1はどの程度難しい問題が出題されるか不明ですが、2~13の項目は、あまり難しい分野ではありません。
但し、新しい分野ですのでそれなりに早く解けるようになるには時間がかかると思います。

詳しくは日本商工会議所HPの「平成28年度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について」をご参照下さい。
尚、今後2級を受験される方は上記HPの「2級・新規論点に関するサンプル問題}」も見ておいてください。

以上のとおり28年度は従来の比較的重たい項目が少なくなり連結等の出題がされない期間のため、ここ3年間と同様の合格率(11.8%~41.6%)を維持される場合は従来より間違いやすい少しひねった問題が出題される可能性もあります。

従って、従来以上にケアレスミスしないように留意する必要はあろうかと思います。

現在、試験申込をしているが、余り勉強が進んでいない方はご連絡下さい。
あまりよくわからない部分のみのレッスンも可能です。

初めて簿記を習う人でも3級であれば当月中(10月)にこの講座を開始すれば余裕を持って合格レベルまでに進めることができます。この場合、2級は来年の2月合格を目指しましょう。

一度、日商簿記検定試験2級にチャレンジしてみませんか。

 

(2016年4月20日(水) 10:46)

前の記事

この記事を書いたコーチ

会計税理士事務所を開業。勤勉で説明の得意な明るいコーチ!

眞司の日商簿記2級試験講座
大里眞司 (日商簿記2級試験)

京橋・三条・樟葉・枚方市・香里園・天満橋・淀屋橋

ブログ記事 ページ先頭へ