全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 楽しい日商簿記2級3級取得レッスン スクールブログ 簿記の資格があ...

簿記の資格があって得した話③

こんにちは、藤川です。
さて、簿記の資格があって何を得したのか、どう便利なのか?シリーズ第3弾です。

前述した通り、日商簿記の試験はある分野での知名度が非常に高いです。
そのある分野とは、「事務の仕事」「経理の仕事」の分野です。
そしてその中で、今回はベンチャー企業を立ち上げる人のお話をします。

このお話は、大阪の25歳の男性が新しくベンチャー企業を立ち上げる際のお話です。
彼は100万円の元手で以前から懇意にして頂いていたある企業さんからの仕事を
メインの売上にして独立しました。

とにかく、会社を創ったのはいいが彼が気付いたことはこうです。
「営業ばかりやっていたので、数字(管理)の事がさっぱり分からない。」

どうすればいいのか??

・・とにかく、信頼できる友人の財務コンサルタントに相談しました。
すると、彼に言われたことは、こうでした。

「自分で勉強をすることと、専門家を使うことを両方すべき」

これを言われたとき、彼は友人にこう言い返しました。

「え?専門家がいてお金払うのならそれでいいのでは??
 ナゼ、自分で勉強する必要があるの??」

そして友人はこれに対してこう返したそうです。

「確かに、専門家は親身に相談に乗ってくれる。
 ただ、数字の管理や把握はあくまで’相談するもの’であって
 ’任せるもの’ではないから、自分が勉強しない事は会社経営を
 専門家に委ねていることにもなってしまうよ。」

・・・確かにそうなんです。

友人の彼が言った事は実はとても大切な要素でした。

優秀な経営者は皆さん、言います。
「世の中で成功している経営者で数値に弱い経営者は1人も居ない。」

そのための基礎として簿記の資格を勉強するということなんです。
彼の良いところは素直なところでもありました。
友人のアドバイスを素直に聞き入れて実践しました。
さらに、基本的なアドバイスは専門家に依頼しない事で
顧問の報酬も下げることが出来たそうです。


「数値と向き合う」

実は経営を実践するものにとても重要な要素なんですね。
苦手と知ったことこそ逃げずに向き合う!!
・・分かっているけどなかなか出来ない経営者が世の中にはゴマンといます。

なので、今勉強するか、10年後勉強するかはアナタ次第なんです。


以上、簿記の資格がもたらす働く人の姿でした♪
また、こういった事例を今後も載せていきたいと思います。

藤川でした!!

 

(2016年3月24日(木) 21:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

未経験者を多数合格させた経営コンサル!根拠の説明が丁寧で覚えやすい

楽しい日商簿記2級3級取得レッスン
藤川顕 (日商簿記2級試験)

梅田/大阪・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・淀屋橋・本町・心斎橋・堺筋本町

ブログ記事 ページ先頭へ