全国5万人が受講している「サイタ」

簿記試験2級講座・スクール

簿記試験2級講座・スクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験埼玉 今泉日商簿記2級試験スクール スクールブログ (#^.^#)...

(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)「勘定科目」ではなく「感情科目」

いつもブログをご覧頂き、

ありがとうございます♪




皆さん、

簿記の勉強ははかどっていますでしょうか(^^)??




いやいや・・・

私も資格試験取得に向けて勉強する日々は、

苦労も多かった事も思い出します(^_^;)



勿論、

出来なかったことが、出来るようになった!

模擬試験で点数がUPした!

など、勉強を続けていて嬉しかったこともありますが(^_^;)






トータルにひっくるめて、

思い返すと「勉強して良かった」とは思える経験でしたね(^^)


少なからず・・・

今は、自営業のお仕事をさせて頂いているのですが、

役に立っている部分もありますので尚更です♪






さて、

今、こうして仕事をしながら「簿記」の事を考えると・・・

「試験勉強の時に知っておいたら楽しくなるかも!?」

という事を見つけました(^^)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




簿記の勉強って、

難しい「勘定科目」を覚えたり、、、

仕訳の手順を覚えたり、、、


慣れない段階だと、本当に大変ですよね(>_<)




しかも、「減価償却」などの

「資産の減少」として計上するものは、

普段考えない”概念”ですので尚更「?」

になること間違いないかと思います(笑)



そんな簿記の勉強ですが・・・

単純に、「覚えるコツ」だけだったら、

つまり

「何度も何度も練習問題を解く(反復練習!!)」

なのですが・・・




それは、分かってるけど・・・



と、身も蓋もないアドバイスになってしまいますね(^_^;)






そこで、

少しでも「楽しく覚えるコツ」というのを

簿記の勉強をされている皆さんの参考になればと、

一部、ご紹介させて頂きます♪




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
簿記の仕分けの裏には、感情揺さぶるドラマがある!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ここで、

皆さんに問題です☆



Q A商店は、B商店に対して¥10,000売上、代金は掛けとした。
  



今しがた即興で生まれました、

オリジナルの問題でございます(#^.^#)




さて、

この場合のA商店の仕分け、

皆さん、どうされますか?






・・・







答えは、、、



(売掛金)10,000  (売上)10,000





ですね☆





ちょっと、簡単すぎる例でしたでしょうか(^_^;)





しかし!

ちょっと待って下さい!!



この仕訳自体は、とても基本的で

覚えるのも簡単なものかもしれませんが・・・





このA商店が、売上¥10,000を 計上した その背景を

想像してみて下さい。




たとえば、

このA商店は、実は創業1年目の 

出来たばかりのお洋服屋さんだったとします。




当然、出来たばかりのお店なので、

お得意の顧客様もこれから作っていかなくてはなりません。



1日平均の売上高も2~3万だったとします。



ひどい時は、売上ゼロの日だってあるわけですね。。。
(ひ~、他人事とは思えない(>_<))



そんな状況での「売上¥10,000」。

その店主は【どんな思い】でその¥10,000を

計上したのでしょうか。




「やった~!売上が出来た~(泣き)」


かもしれません。



「よし!この調子でどんどん売り上げるぞ~!」

かもしれません。




そして、

その¥10,000を買ってくれたB商店が

「また、よろしく頼むよ」

と言ってくれていたのなら・・・




「やった~!これでお得意様が出来た~♪」



と更に、【ウキウキ】かもしれません☆







簿記としては、

この、

(売掛金)10,000  (売上)10,000

を仕分けするだけの、

なんの変哲もない事なのですが・・・




~~~~~~~~~~~~~~~

この売上が計上された背景・・・

店主の感情の変化・・・

そこに込められる気持・・・


【やった~♪】【ウキウキ♪】
~~~~~~~~~~~~~~~


を、想像してみて下さい☆





きっと、

たった

(売掛金)10,000  (売上)10,000

だけの仕分けも感慨深いものに

なる事でしょう(@^^)/~~~




この「売上¥10,000」を上げるのにも

きっと苦労があったんだろうな~・・・


とか


売上が上がった時、つまり売約成立した時は

嬉しかったんだろうな~・・・


など。





勿論、

時間の限られた試験本番中は

いちいち「やった~!」とか「嬉しい♪」とか

やっていたら、試験終わってしまいますから(笑)



勉強の時に、

ですね(^_^;)







この仕訳の背景をイメージするやり方は、

仕分けが複雑になればなるほど・・・

勘定科目が小難しい名前になればなるほど・・・

効果を発揮するものと、

私は感じています(#^.^#)




特に、この勘定科目は

「貸方」「借方」どっちだ?



という時の判断基準にも

大きな手助けになります☆








ちなみに、、、

もうとちょっと、専門知識とリンクさせて

覚えるなら・・・

【ウキウキ】【嬉しい~♪】の「売上」は

~~~~~~~
B/Lの「収益」
~~~~~~~

に属します。



他の勘定科目の「収益」に属するものがあったら、

同じように「嬉しい~♪」があるかもしれませんね(^^)




そして、あとで売上を回収出来る権利

「売掛金」は

~~~~~~~
P/Lの「資産」
~~~~~~~

に属します。



資産も、【ワクワク・・・あとで現金回収できるぞ♪】

ということで、「収益」に近い感情があるかもしれませんね(^^)




※勿論、反対に「仕入」や「買掛金」など

「費用」「負債」に対する感情もありますが、

ここからは本レッスンでのお楽しみとして

割愛させて頂きます(笑)







こういう覚え方を、

私は、

~~~~~~~~~~~~~~~~
「勘定科目」ではなく「感情科目」
~~~~~~~~~~~~~~~~

と呼ぶ事にしています(#^.^#)





なんだか、こうすると

ひとつひとつの仕分けに親近感を持って

取りくむ事が出来るんですよね♪




そして!



その「親近感を持てる!」ことこそが、

「覚えやすさ」に繋がるのではないかなと

思っています(#^.^#)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)

「勘定科目」ではなく「感情科目」として

捉える!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


簿記には

沢山覚えるべき「勘定科目」がありますね☆




この「感情」を交えて考える「感情科目」勉強法。

覚えやすくなる一助になればと思います♪








今日も最後まで

ご一読ありがとうございました(^^)



また、折を見て更新させて頂きます(#^.^#)

今泉 智貴

(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)「勘定科目」ではなく「感情科目」(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)「勘定科目」ではなく「感情科目」(#^.^#)【簿記を楽しく覚えるコツ】(#^.^#)「勘定科目」ではなく「感情科目」

(2015年3月12日(木) 12:24)

前の記事

この記事を書いたコーチ

簿記の経験を生かしアパレル店舗を運営!売上計算から経営管理までサポート

今泉日商簿記2級試験スクール
今泉智貴 (日商簿記2級試験)

池袋・上野・新座・北朝霞・武蔵浦和・南浦和・東川口・赤羽・浦和・さいたま新都心・大宮...

ブログ記事 ページ先頭へ