サイタ資格取得講座日商簿記検定講座日商簿記2級試験大阪 基礎からわかる日商簿記3級、2級講座 スクールブログ 簿記の勉強って...

簿記の勉強って、難しいのかなぁ。始めるかどうか迷っている方へ。

簿記には3級、2級、1級とあるのですが、始めての方は3級から勉強し始めます。小さなパン屋さんやケーキ屋さん等の個人がやっているお店の帳簿の付け方の勉強なんです。
実は、僕も若い頃、実家でパン屋さんをやっていたのですが、その際、簿記で帳簿を毎日付けていました。簡単でした。思っていたより。ただ、毎日付けないといけないですけど、気の向いた時に帳簿付けてたら、一年間殆ど進みません。よね。ただ、一番大事な事は復習を毎日することです。次の学習迄に今日、習った所を読み返しましょう。それだけ。

 

(2014年8月6日(水) 12:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

税理士試験の科目にも合格!予備校でも人気の情熱的なコーチ

新着記事

何でも、興味を持った時が、始めるには最適。だから、今スグがベストですよ。 あなたが、検定試験の資格を狙っているのならその試験のスケジュールに合わせて始めるといいですね。簿記の検定試験は、大きく分けて3つの団体が試験を実施しています。 ①日商簿記検定試験 ②全商簿記検定試験 ③全経簿...

簿記には3級、2級、1級とあるのですが、始めての方は3級から勉強し始めます。小さなパン屋さんやケーキ屋さん等の個人がやっているお店の帳簿の付け方の勉強なんです。 実は、僕も若い頃、実家でパン屋さんをやっていたのですが、その際、簿記で帳簿を毎日付けていました。簡単でした。思っていたより。ただ、...

 簿記は数字を扱いますが、計算というよりは、お店でどんな出来事があったのか。というのを日記に書いていく訳ですから、国語の勉強のほうが近いかなあと思います。 勉強というと、肩肘はりますが、日記の書き方のハウツーを知る・・・みたいに考えて頂けれでばいいのでは。  計算は必要ですが、電卓があれば...

簿記との出会いはこんな形でした。  初めまして、京都府の南部の片田舎に住んでおります、山本浩嗣(やまもとひろつぐ)と言います。僕は、20歳くらいの頃に簿記の勉強を始めました。そのきっかけを話してみましょう。大学になんとなく入り、何となく2回生まで来ました、後2年後に就職だなあ。でも、何をしな...

ブログ記事 ページ先頭へ